古賀紗理那(バレー)の中学・高校や最高到達点等プロフィールは?

古賀紗理那,女子バレーボール選手
スポンサーリンク  

バレーボールVリーグのNECレッドロケッツや日本代表「火の鳥NIPPON」の選手として活躍する古賀紗理那(こが さりな)選手。

高校時代から注目され、今や中心選手としての存在感の高い古賀紗理那選手の出身校や最高到達点、ファンクラブなど選手情報をまとめました。

バレー選手の古賀紗理那:身長や最高到達点などプロフィール

Embed from Getty Images

プロフィール
古賀 紗理那(こが さりな)
生年月日:1996年5月21日
(2020年現在:24歳)
出身地:佐賀県神埼郡
血液型:B型
ポジション:アウトサイドヒッター
所属:NECレッドロケッツ

古賀紗理那選手は身長180cm体重66kg。(Vリーグ2019公式データ)

セッターやリベロを含めた全日本女子の平均身長が175cmくらいなので、日本チームでは、背が高めな方に入ります。

ちなみに2020年の代表登録選手のエース級の3選手(石井優希、黒後愛、古賀紗理那)は、ともに身長180cm。

2020年の代表登録選手のエース級の3選手(古賀紗理那、石井優希黒後愛)は、ともに身長180cm。

古賀紗理那選手の最高到達点はスパイクジャンプが305cmブロックジャンプの最高到達点は290cm指高は232cm

助走付きのスパイクジャンプで最高到達点に達した時のジャンプ力は73cm(最高到達点305cm-指高232cm)と高く、さすがエースですね。

ちなみに足のサイズは27cmだそうです(Vリーグデータ)。

スポンサーリンク

古賀紗理那の小学校時代

佐賀県に生まれた古賀紗理那選手が阿蘇山の麓の熊本県の大津町へ引越したのは6歳のとき。

会社員の父、裕正さんの転勤のためでした。

母の博枝さんはママさんバレーをしていて、熊本県の大津町へ来てからも、紗理那選手と2才年上の姉、麗那さんを連れて練習場に通っていたそうです。

古賀紗理那選手の出身小学校は熊本県の大津町立大津小学校

古賀選手は大津小学校2年生のとき、バレーボールをはじめました。

しかし、小学校のチームで地元の強豪の大津ジュニアバレーボールクラブ(大津jvbc)と対戦してコテンパン!

1点も取れずに負けてしまったそうです。

負けず嫌いな古賀紗理那選手は、大津ジュニア(大津JVBC)へ入部し、本格的なバレーボール生活が始まりました。

大津ジュニアJVBCは、ジュニアバレーボールチームの強豪チームで、小学生の頃から週6日は練習をしているような厳しい指導のチーム。

古賀紗理奈選手は小学5年と6年の時に全国大会へ出場し、小学校を卒業する頃には、身長も166cmくらいあったそうです。

ちなみに大津ジュニアは2020年の春高バレー(春の全国高校バレーボール大会)の女子の優勝校のエースで、大会のMVP(最高殊勲選手)を獲った室岡莉乃さんも、一時、所属していたのだとか。

室岡莉乃選手が所属したのは古賀沙理那選手の10年くらい後だと思われますが、バレーボールの強豪名門クラブの伝統は続いていたのですね!

スポンサーリンク

古賀紗理那の中学時代

古賀紗里那選手の出身中学は熊本県の大津町立大津中学校

大津中学校の3年8月には、全日本中学校バレーボール選手権に出場。

全国3位の成績とともに大会の優秀選手に選ばれました。

さらに12月にはJOCジュニアオリンピックカップ(全国都道府県対抗の中学バレーボール大会)に熊本県選抜として出場。最も将来性のある選手に贈られるというJOC・JVAカップを受賞。

中学を卒業する頃には、現在の身長の180cmくらいに達していたと言われます。

古賀紗理那の高校時代

古賀紗理那選手の出身高校は熊本信愛女学院高校

中学生で全国的に知れ渡り、将来を有望視される選手だった古賀選手。

高校に進学時には県内外のバレーボール強豪7校からスカウトが殺到したと言われています。

古賀紗理那選手が選んだ熊本信愛女学院は、2020年での春高への出場32回というバレーボールの名門強豪高校。

また、お姉さんも在籍した高校でした。

2013年1月、高校1年の春高バレーではベスト4に入り、古賀選手は最優秀賞を受賞。

高校2年の7月のインターハイでは、熊本信愛女学院は準優勝し、優秀選手賞を獲得しました。

古賀紗理那選手が日本代表に入ったのも高校2年のこの時期でした。

そして高校2年となった2013年4月、ついに日本代表女子シニアの登録選手となり、6月にイタリアで行われた国際大会でデビュー。

まだ高校生だった古賀紗理那選手は、シニアチーム(全日本女子代表チーム)へデビュー当時、外見やプレーの動作が当時の絶対的エース、木村沙織選手と似ていたことから「木村沙織2世」などとも呼ばれていました。

スポンサーリンク

NECレッドロケッツの古賀紗理那選手(2014年ー)

高校を卒業した古賀紗理那選手はVリーグのNECレッドロケッツへ入団。

2014-2015年、Vリーグでビューした最初のシーズンでは4試合に出場。

2016年のリオデジャネイロ・オリンピックでは、残念ながら、全日本代表選手から漏れてしまいましたが、それでも奮起した古賀選手。

2016年シーズンにはVリーグの最優秀新人賞を受賞。

2017年のシーズンにはVリーグの最優秀選手賞とベスト6賞に輝きました。

スポンサーリンク

元代表の木村沙織選手と古賀紗理那選手

まだ、17才にして日本代表メンバーに選ばれながら、2016年のリオデジャネイロ五輪の最終代表選考に落選するという挫折も味わいます。

古賀紗理那選手は風貌やプレーなどの全体的な雰囲気が元日本代表の木村沙織さんと似ていたことから、代表デビュー当時、木村沙織2世などと呼ばれることもありました。

実際、木村沙織選手は古賀紗理那選手が目標としてきた選手でもあります。

古賀選手がリオ五輪の選考に落選してしまった時の代表チームのエースだった木村沙織さんと回想する動画が残っていました。

二人の先輩、後輩としての良い関係性を感じさせる動画です。

こうした挫折などを経験しながら、ますますバレーボール選手、人間としての強さを身につけていっているようにも見える古賀選手をますます応援したくなります。

怪我で苦しむことも少なくない古賀選手ですが、是非、それを乗り越えて、日本代表の場で輝いてもらいたいですね。

古賀紗理那のNECレッドロケッツのファンクラブ

古賀紗理那選手個人のファンクラブではありませんが、NECロケッツクラブという公式ファンクラブがあります。

NECロケッツクラブは、親会社NECの2つのチーム、一つは女子バレーボールの「NECレッドロケッツ」。もう一つはラグビーの「NECグリーンロケッツ」のためのファンクラブ。

ファンクラブ公式サイトの入会案内ページによれば、2020年6月頃に今年度の会員受付を開始すると掲載されていますが、コロナウィルスの関係で時期がずれる可能性があるかもしれません。

その他、ファンクラブサイトの公式ページより、選手への応援メッセージ(トップページ上部のバナー「応援メッセージ」)も送信できます。

公式ファンクラブサイトへ

なお、当記事の冒頭でも記載しましたが、古賀紗理那選手の非公式ファンページのInstagramがあり、写真も充実しています。

古賀選手もNECという会社に所属する会社員としての立場もあるため、公には古賀選手個人のファンクラブの立ち上げが難しいと思われ、こちらは非公式にもかかわらずフォロワーが1万人以上もあります。

非公式ファンページのInstagramへ

また、NECレッドロケッツは広報がとてもしっかりしており、ツイッターやインスタグラムでの発信も充実しています。

スポンサーリンク

古賀紗理那の中学・高校、最高到達点、ファンクラブ等まとめ

古賀紗理那選手のバレーボール歴やグッズなどの応援情報をまとめました。

少なからず挫折もあったからこそ、ますます応援したくなるのが古賀紗理那選手。

当サイトは古賀紗理那さんを応援しています!

よろしければ、こちらもどうぞ。

NECレッドロケッツ, NEC RED ROCKETS

NECレッドロケッツのファンクラブ、グッズ、ファンレターや選手情報等、チームのプロフィール

バレーボール女子日本代表,火の鳥nippon

全日本代表バレー女子選手のインスタやツイッター、プロフィールは?

スポンサーリンク








↓シェアボタンはこちら↓