パナソニック(Vリーグ)のティリ・ロラン監督の経歴等、プロフィールまとめ!

Laurant Tilli, Volleyball coach, French former player
ローランティリ©Zorro2212
スポンサーリンク  

Vリーグのバレーボールチームのパナソニックパンサーズの川村慎二監督が勇退し、後任の新監督として発表されたティリ・ロラン。

フランスのバレーボール史上最高の指導者?という呼び名もあるほどのティリ・ロランはどんな監督かをまとめました。

なお、日本の姓名順の表記だとティリ・ロランですが、外国式の名・姓順だとロラン・ティリ(Laurent Tillie)の表記が一般的です。

バレーボール監督、ティリ・ロランとは?

Embed from Getty Images

プロフィール
ロラン・ティリ(Laurent Tillie)
※日本語の姓・名順の表記ではティリ・ロラン
出身国:フランス
(アルジェリア生まれ)
生年月日:1963年12月1日
(2020年時点:57歳)
身長:193cm
元ポジション:ウィングスパイカー出身
所属:フランス代表チーム監督
スポンサーリンク

ティリ ロランの生い立ち

ロラン・ティリは南フランスのカーニュ・シュル・メールの出身。

南フランスのリゾート地ニースカンヌ映画祭で有名なカンヌの近く。

ロランはバレーボールを始める前は柔道を水泳をしていたようです。

両親は自分のしたいことを自由に選ばせる方針だったと語っていますが、ロランがバレーボールを始めたのは父の影響があったかもしれません。

父はバレーボールに関係している人で、ロランが13才の頃、父はフランスリーグの「ニース・バレー」を立ち上げた人として、よく知られています(2019年に他界)。

ロランはニース大学へ進学。

1984年に運動と教育の理学士号を取得しています。

スポンサーリンク

ロラン・ティリのバレーボール現役時代

クラブチーム歴

クラブチームはASカンヌ、パリ、ニースなどのフランスリーグを中心に、イタリアでのプレー歴もあります。

クラブチーム歴
  • 1980/81年 – 1983/84年
    AS カンヌ(フランス)
  • 1986/87年 – 1986/87年
    ファルコナーラ(イタリア)
  • 1987/88年 – 1990/91年
    AS カンヌ(フランス)

※1991年に理学療法学運動学の学位を取得

  • 1991/92年 – 1994/95年
    ファルコナーラ(イタリア)
  • 1995/96年 – 1997/98年
    パリUC(フランス)
  • 1998/99年 – 2000/01年
    ニース(フランス)
  • 2001/02年 – 2001/02年
    AS カンヌ(フランス)
Guy Tillie, the founder of NICE VOLLEY France
若き日のガイ・ティリ(ロランの父、ニースバレー創設者)©https://www.nicematin.com

カンヌニースなどは故郷に近く、地中海に面した南フランスのリゾート。

ニース・バレー(NICE VOLLEY)は、ロランの父ガイ・ティリ(Guy Tillie)が創設者(2019年1月に他界)。

また、現役選手として活躍しだ時代に、理学療法と運動学の学位を取得するとは、ロランは向学心もとても旺盛な人ですね!

フランス代表歴

1982年〜1995年の13年間、フランス代表選手として407の国際試合に出場

1991~1992年まで代表チームのキャプテンをつとめました。

クラブチーム歴
  • 1985年
    欧州選手権での銅メダル
  • 1987年
    欧州選手権での銀メダル
  • 1988年
    ソウル・オリンピック出場(8位)
  • 1992年
    バルセロナ・オリンピック出場(11位)
  • 1982年、1986年、1990年には世界選手権に出場

フランス代表チームは1940~70年代は低迷していましたが、ロランティリが活躍した1980年代から強さを増しています

主だった国際大会で上位に食い込んでゆくようになった時代です。

ローラン・ティリの指導歴、フランス代表監督歴

現役のバレーボール選手を引退後、すぐに指導者としての道へ。

フランスリーグのクラブチーム(カンヌ)で10年の経験を積んだ後、フランス代表の監督となりました。

指導者歴
  • 2001/02年 – 2011/12年
    AS カンヌ(フランス)
  • 2005年
    チェコの男子代表チームの監督を兼任
  • 2016/17年 – 2016/17年
    RC カンヌ(女子バレー,フランス)
  • 2012年 – 2021年
    フランス男子代表監督:
    東京オリンピックまで

ASカンヌの時代、フランスリーグ(2005年)とフランス杯(2007年)で優勝を経験。

フランスのナショナルチーム監督に就任した翌年、代表チームはワールドリーグへ出場(2013年と2014年、10位)。

2014年の世界選手権ではフランス代表チームを4位まで押し上げました

Embed from Getty Images

また、フランス代表としては12年ぶりとなる2016年リオデジャネイロ五輪に出場(9位)、さらに東京オリンピックへの出場権を獲得させている名将です。

2015年のCEV(ヨーロッパ・チャンピオンシップ)での優勝、2015年と2017年にワールドリーグで優勝(2016年は準優勝)。

フランス代表チームは1964年の東京オリンピック以降、2021年東京オリンピックまでの約56年間で5回の五輪に出場しています。

その4回でロラン・ティリが絡んでいます(現役時代2回、指導者時代2回)

約10年にわたってフランス代表チームの監督を務めたロランティリは「フランスのバレーボール史上最高のコーチ」という呼び名もあるようです。

本当にすごい監督が日本のVリーグへやってくるのですね!

スポンサーリンク

ティリ・ロランとフィリップ・ブラン日本代表コーチ

パナソニックパンサーズと言えば、2016年からブラジル出身のマウリシオ(Mauricio Motta Paes)さんがコーチとして加入しています。

マウリシオコーチは、2006年~2010年にフランスのクラブチーム「パリバレー」で監督をしていた時期があります。

また、現在の男子日本代表のコーチ、フィリップ・ブラン(Philippe Blain)さんもフランスの出身

フィリップ・ブランコーチ(1960年生まれ、ロランの3才上)は、ロランティリと同時期にフランス代表選手として同じチームでプレー、1988年にはソウルオリンピックに出場しています。

パナソニックパンサーズは2017/18年、2018/19年にVリーグで二冠を達成した強いチーム。

これからどんなバレーボールを見せてくれるか楽しみです!

スポンサーリンク

ロラン・ティリの家族もすごい!息子ケヴィン・ティリはフランス代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Joyeux Anniversaire Maman (la plus forte de toutes) 😘🎉🎂🏐 #mam #caro

Kevintilliee (K2)(@kevintilliee7)がシェアした投稿 –

ロランさんの妻はバレーボールの元オランダ代表選手のキャロライン・キューレン(Caroline Keulen)さん。

ティリさんには3人のお子さんがいるスポーツ一家。息子たちの身長は3人とも200cmを超える長身スポーツ選手。

長男のキム・ティリと三男のキリアン・ティリはバスケットボールの選手です。

次男のケヴィン・ティリはバレーボール選手(フランス代表チーム)です。

すごいスポーツ一家ですね。上の写真はティリ家(ケヴィンさんのインスタより)。

ケヴィン・ティリ選手(バレーボール)

プロフィール
ケヴィン・ティリ(Kevin Tillie)
出身:フランス
生年月日:1990年11月2日
(2020年時点:30歳)
身長:200cm
最高到達点:スパイクジャンプ345cm
最高到達点:ブロックジャンプ325cm
2019年のフランス代表データより)
ポジション:オポジット
所属:ワルシャワ(ポーランドリーグ)

ケヴィンティリ選手は身長は200cmですが、長身選手としてはかなりレシーブが上手く、2017年の ポーランドカップではベスト・レシーバー賞を受賞しています。

2015年からイタリアと並んで世界最高峰のバレーボールリーグと言われるポーランドの「プラスリーガ」で活躍。

2018年はイタリアのクラブ「モデナ(めちゃくちゃ強いクラブ)」、2019年ポーランドのクラブ「ワルシャワ」でプレーしていました。

2019年のワルシャワはコロナのためにシーズン途中で終了しましたが、リーグ2位の成績。

2020-21年シーズンはイタリアのクラブ「チステルナ(ラティーナ)」でプレー予定で、石川祐希選手のパワーバレーミラノとの対戦が楽しみです。

下の写真はバレー選手の次男ケヴィンさんのインスタで、父のロランさんの現役時代の写真を並べたもの。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Who’s got more style??? My dad had it @adidasparis #adidasparis #vintage #adidas #heretocreate #hewastheretocreate #etlacoupedecheveux #swag

Kevintilliee (K2)(@kevintilliee7)がシェアした投稿 –

ケビン選手は現在30才。

2021年の東京オリンピックでは日本(A組)とフランス(B組)で予選トーナメントでは対戦しませんが、決勝トーナメントでケヴィン選手のフランスと日本チームの試合が見られるかもしれません。

フランス代表チームの2019年の選手一覧はこちら

FIVBでのケヴィン選手の紹介サイトはこちら

東京オリンピック・バレーボール出場国、試合日程、対戦組合せは?[2021年版早見表]

キム・ティリ選手(バスケットボール)

長男のキムティリ(Kim Tillie)さんは、2020-21年シーズン、日本のプロ・バスケットボールBリーグ琉球ゴールデンキングスでプレーするとのこと。

バレー監督:ティリロラン 情報まとめ

ロランティリ監督の存在によって、ますます日本のVリーグが盛り上がってゆくことを願います。

東京オリンピックでのフランス代表との対戦?も楽しみですね。

よろしければ、こちらもどうぞ。

パナソニックパンサーズ,PANASONIC PANTHERS

パナソニックパンサーズのファンクラブ、グッズ、ファンレターや選手情報等、チームのプロフィール

福澤達哉,男子バレーボール選手

福澤達哉(バレー)の中学、高校、大学、最高到達点やフランス・パリ等プロフィールは?全日本代表男子

スポンサーリンク








↓シェアボタンはこちら↓