富松崇彰(バレー東レ)の出身中学・東北高校等レジェンドプロフィールまとめ

©https://twitter.com/tomimatutakaaki
スポンサーリンク  

バレーボールVリーグの東レアローズで活躍する富松崇彰(とみまつ たかあき)選手。

2020年8月の漫画『ハイキュー!!』とのイベント試合で「音駒高校の名物キャラ山本猛虎」のようなルックスで試合に登場して話題となりました。

2020年に36才を迎えるバレー界レジェンド、富松崇彰選手のプロフィールをまとめています。

富松崇彰の身長・最高到達点・インスタなどプロフィール

基本プロフィール
富松崇彰(とみまつ たかあき)
生年月日:1984年7月20日
(2020年時点:36才)
出身地:宮城県大崎市
血液型:B型
ポジション:ミドルブロッカー
所属:東レアローズ

富松崇彰選手の身長・最高到達点

富松崇彰選手は身長191cm体重85 kg(Vリーグ公式データ)。

バレーボールVリーグ選手全体の平均身長が約186cm。

スパイカーやブロックを中心に行う攻撃型選手の平均身長が約190cmなので、富松選手の身長はVリーグ選手としては平均的と言えます。

バレーボール選手を評価する重要な指標として「最高到達点」という言葉があります。

その選手がジャンプをした状態で、どのくらいの高さがあるかというもので、いわゆる「打点の高さ」を示すものです。

富松崇彰選手の最高到達点はスパイクジャンプの最高到達点が350cmブロックジャンプで325cmです(2019年Vリーグ公式データ)。

最高到達点は日本代表のエース、石川祐希選手西田有志選手の351cmとほぼ並んでいます。

高さだけをとっても、バレーボール選手のトップクラスと言えますね。

富松崇彰選手のインスタグラム、ツイッター

富松選手のインスタグラムとツイッターがこちら。

スポンサーリンク

富松崇彰選手のすごさ

富松崇彰選手のポジションはミドルブロッカー。

ミドルブロッカーは一番高さを必要とするポジションで、スピードのあるクイック攻撃とブロックを中心的に行います。

富松選手は「バレーボール界のレジェンド」と言われていますが、長く現役でプレーをしているという年齢に限ったことではありません。

Vリーグ選手同士の間でも、富松選手はブロックの読みや技術の高さがすごいと言われています。

たとえば、現在、日本代表で活躍する同じポジションの高橋健太郎選手からも尊敬する選手見習いたい選手として富松選手の名前が挙がっています。

富松選手は、2020年時点で、Vリーグのブロック決定本数の日本記録保持者です。

スポンサーリンク

富松崇彰選手の出身小学校

©三本木小学校公式サイト

富松崇彰選手の出身小学校は宮城県の大崎市立三本木小学校です。

富松選手は小学校3年生の頃、バレーボールをしていたお兄さんの影響で、地元のスポーツクラブ「三本木スポーツ少年団」でバレーをはじめました。

富松崇彰選手の出身中学校

富松崇彰選手の出身中学校は宮城県の大崎市立三本木中学校です。

中学3年の時には宮城県選抜として全国都道府県対抗中学大会(アクエリアス杯)に出場。

優勝するとともに、オリンピック有望選手賞を受賞しています。

スポンサーリンク

富松崇彰選手は東北高校出身

富松崇彰選手の出身高校は宮城県の東北高校です。

東北高校はバレーボールをはじめとするスポーツの名門校で、まんがTVアニメハイキュー!!』の『白鳥沢学園』のモデルとされている高校です。

宮城県東北高校
©東北高校公式サイト

富松選手は東北高校時代、高校2年の春高バレーで優勝

高校3年でもインターハイで優勝という輝かしい成績をおさめました。

ちなみに、他の東北高校出身の有名バレー選手としては、ハイキュー!!のスペシャルマッチに出場した松林憲太郎選手。

日本代表の人気ミドルブロッカー小野寺太志選手らがいます。

スポンサーリンク

富松崇彰選手の出身大学

富松崇彰選手の出身大学はバレーボール強豪の東海大学です。

東海大学時代に、サイドアタッカーからセンター(ミドルブロッカー)へポジションを転向。

大学在学中(2006-07年)、東レ・アローズの内定選手としてVプレミアリーグに出場し、新人賞、ブロック賞、ベスト6を受賞しました。

東レアローズで活躍する富松崇彰選手

大学卒業後の2007年に東レ・アローズへ入団。

2007年には全日本代表入りし、同年のワールドカップに出場。

2009年ワールドグランドチャンピオンズカップではレギュラーで出場し、銅メダルを獲得しています。

2010年にVプレミアリーグで3年ぶり2回目のブロック賞を獲得。

現在も、Vリーグの東レアローズの主力選手として活躍しています。

スポンサーリンク

ハイキュー!!×V.LEAGUEスペシャルマッチでも大きな話題に!

2020年8月16日に実施された「ハイキュー!!×Vリーグのスペシャルマッチ」。

漫画「ハイキュー!!」の連載が7月で連載終了したことを記念として特別に企画されたイベントで、特別選抜されたVリーグの名物選手らが集まり、1試合限りのエキシビションマッチとして行われました。

以下のツイートでスペシャルマッチの動画を少し見ることができます。

富松崇彰選手が「音駒高校の山本猛虎」に変身する様子

このスペシャルマッチで大きな話題になったのが、富松崇彰選手の髪型。

富松選手は「音駒高校(ねこま こうこう)の山本猛虎(やまもと たけとら)に扮したルックスで出場したのです。

山本猛虎は、その強烈なキャラクターで、まんがアニメ『ハイキュー!!』のストーリーに欠かせない存在。

下の漫画写真が山本猛虎(やまもと たけとら)です。

普段の富松選手はわりとノーマルな髪型ですが、モヒカンにしてグッと雰囲気が変わりました。

下が音駒高校の山本猛虎に変身前と変身後の写真。

ツイッターで「富松世紀末猛虎」というパワーワードが誕生した瞬間です。

左から三番目は試合後にモヒカン部分を刈上げた写真です。

山本猛虎になってゆく動画がこちら。

富松崇彰選手やハイキュー関連情報

スペシャルマッチでファンを楽しませてくれた富松選手は最高でした。

トップ選手の間で慕われる親しみやすさ、熟達したバレーの技術が好きです。

富松選手はバレーボール界のレジェンドとして、是非これからも、できるだけ長くプレーしていただきたいですね。

よろしければ、以下もどうぞ。

ハイキュー!!「白鳥沢学園」のモデルとされる東北高校の出身、日本代表の小野寺太志選手

小野寺太志,男子バレーボール選手

小野寺太志(バレー)の中学・高校・大学、最高到達点、家族等プロフィールは?全日本代表男子

スポンサーリンク








↓シェアボタンはこちら↓