バレー選手バルトシュ・クレク(WD名古屋)のプロフィール!身長、最高到達点等

バルトシュクレク,バレーボール選手
©Katarzyna M. Kozłowska
スポンサーリンク  

バレーボールのVリーグのウルフドッグス名古屋への入団が決まったバルトシュ・クレク選手。

世界トップクラスの男子バレーボール選手でポーランド代表。身長205cmの巨体からのパワフルなスパイクが武器の超攻撃的なオポジットです。

Vリーグでの大暴れも期待されるバルトシュ・クレクのプロフィール情報を調べてまとめてみました。

バレー選手のバルトシュ・クレク:身長、最高到達点、プロフィール

Embed from Getty Images

プロフィール
バルトシュ・カミル・クレク
(Bartosz Kamil Kurek )
※姓名順の日本式表記
→クレク・バルトシュ
出身国(国籍):ポーランド
出身地:ヴァウブジフ(Wałbrzych)
生年月日:1988年8月29日
(2020年時点:32歳)
身長:205cm
最高到達点:370cm
ポジション:オポジット
所属:ウルフドッグス名古屋
(2020/21年シーズン)

クレク選手は1988年生まれ。パナソニックと契約しているポーランド人選手のミハウ・クビアク選手と同じ年の生まれです。

クレク選手の出身ヴァウブジフはポーランドの南西部、チェコとの国境に近い町で、ポーランド国内で3番目に大きいクションシュ城というお城で有名です。

クレク選手の身長は205cm体重104kg。スパイクジャンプの最高到達点は370cmです(2020年WD名古屋の公式データに基づく)。

また、ブロックジャンプの最高到達点は340cm(wikipediaより)。

最高到達点370cmはドミトリームセルスキー選手(身長218cm/最高到達点375cm)に次いで、Vリーグ選手の中で第2位の高さ。

2019/20年シーズンのVリーグのスパイカーの平均身長が190cm前後最高到達点340cm前後ですので、クレク選手の高さは相手チームにとっては脅威になりそうです。

スポンサーリンク

バルトシュクレク選手のインスタ、ツイッター、フェイスブック

クレク選手のSNSはインスタとフェイスブックがメインのようです。

インスタグラム(Instagram)はこちら

 

この投稿をInstagramで見る

 

Good to be back ✌️on the picutre- one of the main reason I never won in Zawiercie @taichiro_19 stay healthy and good luck 😁🤙

Bartosz Kurek(@bartkurek88)がシェアした投稿 –

フェイスブック(Facebook)のファンページはこちら

フェイスブックでは、母国ポーランド人のフォローや書き込みが多く、ご本人も主に故郷のポーランドを意識してポーランド語の書き込みが多めのようです。

インスタグラムやフェイスブックでは文章下の「翻訳を見る」ボタンで、日本語でおよその内容がわかります。

ツイッター(Twitter)はこちら(以前に使用していたアカウント)

2014年以降はツイッターの更新がなく、その後、フェイスブック中心に切り替えているようです。この3年くらいはインスタグラムもあわせて利用しているようです。

スポンサーリンク

2019年ワールドカップのクレク選手(対日本戦)

バルトシュ・クレク選手が長年活躍しているポーランド代表チームは、世界ランキングは2020年時点で2位。(FIVB世界ランキングサイトより)

その強さを見せつけたのが2019年10月のワールドカップの対日本戦。日本代表がセットカウント1対3で負けてしまった試合です。

ジェイテクトの西田有志選手とのVリーグでの打ち合いが楽しみですね。

下の動画は、日本戦で2セット目でクレク選手がサービスエースしたり、日本選手との見ごたえのある攻防がおもしろかった場面。

背番号6:クレク選手

クレク選手の契約クラブ(所属チーム)

世界屈指のプロリーグと言われているポーランドを中心に、ロシアやトルコ、イタリアでの経験があります。

  • 2004-2005:AZS PWSZ Nysa (ポーランド)
  • 2005-2008:ZAKSA Kedzierzyn-Kozle (ポーランド)
  • 2008-2012:PGE Skra Belchatow (ポーランド)
  • 2012-2013:Dynamo Moscow (ロシア)
  • 2013-2015:Lube Banca Macherata (イタリア)
  • 2015-2016:Asseco Resovia Rzeszow (ポーランド)
  • 2016-2017:PGE Skra Belchatow (ポーランド)
  • 2017-2018:Ziraatbank(トルコ)
  • 2018-2019:Onico Warszawa(ポーランド)
  • 2019-2020:Verovolley Monza(イタリア)

一時期、2016年にJTでプレーするという話も出たことがありますが、クレク選手本人のコンディションの問題等で、最終的にはJTでのプレーは実現しませんでした。

2020/21年シーズンが初めてのVリーグでのプレーとなる予定です。

スポンサーリンク

クレク選手:主な国際大会の出場歴

Embed from Getty Images

2018年の世界選手権でポーランドが優勝した際、クレク選手はMVPに輝いています。

  • 2009:欧州選手権(1位)、世界クラブ選手権(2位)
  • 2010:世界クラブ選手権(2位)
  • 2011:ワールドカップ(2位)、欧州選手権(3位)、ワールドリーグ(3位)
  • 2012:ワールドリーグ(1位)、ロンドンオリンピック出場(5位タイ)
  • 2015:ワールドカップ(3位)
  • 2018:世界選手権(1位)※MVP
  • 2019:ワールドカップ(2位)
スポンサーリンク

クレク選手といつも一緒の美人女性は誰?

クレク選手のインスタでは、同じ美人女性と一緒に撮影している写真が多くアップされています。

ちょっと気になるので調べてみました。

現在、お付き合いをしている彼女のようで、おそらく2020年時点では、まだご結婚はされていない模様です。

Wikipediaとかにも堂々と「XXと交際中」という記述があったりするのが、いかにも外国人的でオープンな感じですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#datenight with this beauty 🥰

Bartosz Kurek(@bartkurek88)がシェアした投稿 –

ところでこの女性はポーランドではかなり有名なバレーボール選手で、女子ポーランド代表にも選ばれていたアンナ・グレイマン(Anna Grejman)さん。

グレイマンさんの身長は183cm。アウトサイドヒッターとして、2018/19年シーズンまでポーランドトルコのプロリーグで活躍していました。

Anna Grejman, volleyball player
©Zorro2212

下の動画が2017年、グレイマン選手がポーランド代表として試合出場している動画。

背番号6がグレイマン選手。

クレクバルトシュ選手 プロフィールまとめ

クレク選手の加入により、2019/20年シーズンは7位だったウルフドッグス名古屋がどれくらい順位を上げてくるかが楽しみです。

クレク・バルトシュ選手をはじめ、クビアク選手、ムセルスキー選手など、世界のトップ選手がVリーグでプレーすることで、2020/21年のVリーグがますます盛り上がることを期待したいです。

よろしければ、こちらもどうぞ。

ミハウクビアク,ポーランド,男子バレーボール選手

ミハウ・クビアク(バレー)の身長、最高到達点、インスタ等プロフィールまとめ!

ウルフドッグス名古屋,WOLFDOGS NAGOYA

ウルフドッグス名古屋のグッズ、ファンクラブ、練習見学、ファンレターは?

スポンサーリンク








よかったらシェアしてね