西田有志(バレー)の身長・最高到達点、中学、高校、家族構成は?

西田有志,男子バレーボール選手

全日本男子代表バレーボール、VリーグのジェイテクトSTINGSで活躍する西田有志選手。

今後の日本男子バレーボールをささえる選手としてさらなる活躍が楽しみです。

西田有志選手のバレーボール歴など、バレー選手としてのプロフィールをまとめました。

スポンサーリンク
 

バレー選手の西田有志:身長、最高到達点、プロフィール

Embed from Getty Images

プロフィール
西田 有志(にしだ ゆうじ)
生年月日:2000年1月30日
(2020年時点で20才)
出身地:三重県いなべ市
血液型:O型
ポジション:オポジット
所属:ジェイテクトSTINGS

西田有志選手は身長186cm、体重:82kg。

たとえば、セッターやリベロを含めた日本代表選手全体の平均身長は189cm前後。

アウトサイドヒッター、ミドルブロッカー、オポジットなど、日本代表のスパイカーの平均身長が193cm前後ですので、西田有志選手の身長は小柄なほうに入ると言えます。

西田有志選手の最高到達点はスパイクジャンプでの最高到達点350cm。ブロックジャンプで320cm(2019年Vリーグの公式データ)。

最高到達点の350cmは、340cm前後が多い日本代表選手の中でもトップクラスで、エースの石川祐希選手(351cm)に近づいています。

西田選手の指高は240cm

最高到達点が350cmということは、助走付きのジャンプ力は110cm(350cm-240cm)くらいということになりますね。すごいです!!

ちなみに足のサイズは28cm(Vリーグ公式データ)だそうです。

スポンサーリンク

西田有志選手の小学校時代

西田有志選手の出身小学校は三重県のいなべ市立石榑小学校小学校

西田選手は幼い頃から姉と兄が所属する大安バレーボールスポーツ少年団(女子チームは大安ジュニア、男子チームは大安ビートル)の練習見学に行っていたそうです。

石榑(いしぐれ)小学校に入る前、5才の時に大安ビートルでバレーボールを始めたそうです。

石榑小学校4年生の時、大安ビートルで全国大会へ出場(2009年)。

2008年の北京オリンピックのバレー中継を見ていたとき、8才の西田少年は「ここでやる!(オリンピックでプレーする!)」と言ったのだとか。

その時から西田選手はVリーグや全日本代表目標にするようになったようです。

西田有志 大安ビートル 三重
後列左から3番目が小学生の西田選手(引用元:https://mykoho.jp)

西田有志選手の中学校時代

西田有志選手の出身中学はいなべ市立大安中学校

西田選手は大安中学校のバレー部へ入部しましたが、3年生になるまでバレー経験のある指導者がいなかったため、西田選手が同級生にバレーを教えていたそうです。

「その経験から自分のプレーを客観的に見ることができるようになりバレーの幅が広がった」と西田選手は語っています。

決してバレーボールのエリート街道ではないかもしれませんが、西田有志選手の底力は、こういう泥臭さから培われてきたのかもしれません。

西田選手は大安中学校に通いつつ、中学1年生の6月に地元のクラブチーム「NFOオーシャンスターバレーボールクラブ」へ入団。その後、進学することになる海星高校の体育館での練習に通うようになったそうです。

2013年秋、西田選手が中学校2年生(13才)のときに大安中学校バレーボール部のキャプテンになりました。

西田選手の体格が大きくなり、県下でも特に目立つ選手になったのは中学2~3年の頃のようです。

中学2年の時(2013年)、JOCジュニアオリンピックの三重県選抜に選ばれました。

JOCの県選抜選手は、県下でもトップクラスのバレーボール選手、将来を有望視される選手だけが選ばれます。

西田有志 NFOオーシャンスター 三重
2014年度三重県代表チーム(全国大会出場チーム)引用:http://mycl.sakura.ne.jp/

中学3年生の時(2014年 12月)になると、NFOオーシャンスターで主将をつとめ、全日本都道府県対抗中学大会でベスト8に入りました。

また、西田有志選手の中学時代、NFOオーシャンスターでの出会いは、その後の西田選手に進路にも影響を与えることになりました。

NFOオーシャンスターバレーボールクラブの指導者の大西正展コーチは、その後、西田選手が入学する海星高校バレー部の指導者でもあったのです。

西田選手は高校入学前に、すでに立派な体格になっており、海星入学前の春休みに高校の練習に来ていたとき、西田雄二さんを見て同級生は「大学生が来ている」と思ったそうです。

スポンサーリンク

西田有志選手の高校時代

西田有志選手の出身高校は三重県四日市(よっかいち)市の海星高校。

高校へ入学する際、愛知県の星城高校(愛知県)や三重県№1の松阪工業高校などの強豪校から勧誘を受けていたそうです。

しかし、西田選手はそのような強豪校へ行こうとはせず、中学時代からのバレーの恩師、大西正展先生のいる海星高校を選択。

そのことについて、西田選手は以下のように語っています。

強いところに行ってずっと上にいるより、下から倒していくほうが楽しいというか、そっちの方が人生的にもいいかなと思ったので(引用元:Number

西田有志選手らしいですね。

西田選手が高校1、2年のときの海星高校はかなりの強さでしたが、いつも三重県の決勝で松阪工業高校に負けてしまっていました。

西田有志選手の高校時代のバレー戦績
<西田有志・高校1年>
2015年4月:県高校春季大会で準優勝
2016年2月:県高校新人大会で準優勝

<西田有志・高校2年>
2016年4月:県高校春季大会で準優勝
5月:県高校総体で準優勝
11月:県高校選手権大会で準優勝
11月:海星バレーボール部キャプテンに就任
2017年2月:県高校新人大会で優勝
(創部以来初の県大会優勝)
2月:全日本ジュニアオールスタードリームマッチ出場
3月:東海高校選抜大会で準優勝
3月:アジアユース選手権大会で優勝(史上初)

高校時代の西田選手 引用:http://kaiseiob.com

高校時代の西田選手のことを当時の海星高校のコーチ、井口拓也さんは「思い切りがよくてものおじしない選手でした」と振り返っています。

春高バレーには出場しませんでしたが、高校3年のときには学校創立以来初の県大会優勝やインターハイでのベスト16を経験。

西田有志選手の高3のバレー戦績
<西田有志・高校3年>
2017年4月:県高校春季大会で優勝(創部以来初)
5月:県高校総体競技で優勝(創部以来初)
7月:インターハイ(全国高校総体)に初出場。16強入りを果たす。優秀選手に選出
10月:国民体育大会に県選抜チームのキャプテンとして出場
11月:県高校選手権大会で準優勝

アジアユース男子選手権大会(U-19)で日本代表としての優勝など、チームを引っ張りました。

スポンサーリンク

西田有志の大学は?

西田有志選手は大学には進学せず、2017年、高校3年の時にVリーグのジェイテクトSTINGSに高卒内定選手として入団。

常に高いレベルで挑戦してゆきたいという気持ちをもつ西田選手にとって、大学に行ってからVリーグに入るという道は遠回りに感じられたそうです。

現在の活躍をみれば、その選択が正しかったことは確かですね。

ジェイテクトSTINGSの西田有志選手

ジェイテクトSTINGSを選んだのは、兄がジェイテクトで働いていて、誘ってくれたことがきっかけとのこと。

西田選手の実家のある三重県いなべ市からジェイテクトの本拠地、愛知県の刈谷(かりや)までは近く、ご両親も応援に向かいやすいですね。

Vリーグでは、デビューした2018-2019年の1シーズン目から活躍。

2年目の2019-2020年シーズンにはジェイテクトを優勝に導き、自身も最高殊勲選手賞(MVP)得点王サーブ賞を獲得しました。

そして、同年、2019年ワールドカップでも大活躍。

一期に世界から注目される選手となりました。

スポンサーリンク

西田有志選手の家族構成は?

西田有志さんは姉と兄がいる5人家族。

父の徳美さん、母の美保さんは、両親とも実業団の元バスケットボール選手。

ご両親は元スポーツ選手として、西田選手のバレーボール人生の節目でアドバイスや背中を押したりして、サポートしてくれるそうです。

6才年上の兄はジェイテクトでバレーボールにも関わっている圭吾(けいご)さん。

以前放映されたテレビに西田選手のご家族が登場されています。

8才上の姉、早希(さき)さんも元バレーボール選手。

お姉さんはブロックが得意で、三重県の県大会で決勝戦に出場し、春高に出場するレベルの選手だったそうです。

お姉さんは特に有志選手に厳しかったとか(笑)

西田ファミリーはとても仲が良さそうですね。

バレーボール:西田選手情報まとめ

西田有志選手にはこれからの日本のバレーボール界を引っ張っていってほしいですね。

当サイトは西田有志選手を応援しています!!

よろしければ、以下の記事もどうぞ!

西田有志,男子バレーボール選手

西田有志(バレー)のサーブ、ガッツポーズ、インスタ、グッズ、ファンクラブは?

西田有志,男子バレーボール選手

バレーボール 西田有志選手情報 まとめ

スポンサーリンク








よかったらシェアしてね