男子バレーのユニフォーム比較:アシックス、ミズノ、デサント等(2020年春高バレー出場校)

バレーボール男子のユニフォーム。

どんなユニフォームが強そうに見えて、かっこいいいでしょうか?

おすすめのデザインは?

ここでは2020年の春高バレー(春の高校バレー、高校バレー全国大会)に出場した男子チームの中でベスト16に入った学校、特徴的なデザインのユニフォームを集めてみました。

どの学校も地域でナンバー1に上り詰めた強豪校で、思い入れが強く感じられるユニフォームです。

もしチームカスタムオーダーでオリジナルのユニフォームづくりを検討中なら、参考になるデザインや色が見つかるかもしれません。

ではご紹介します。

女子バレーのユニフォーム比較:アシックス、ミズノ、デサント等(2020年春高バレー出場校)

メーカー(ブランド)別:男子バレーのユニフォーム

メーカー(ブランド、スポーツ用品会社)は、アシックス(ASICS)、ミズノ(MIZUNO)、デサントDESCENTE)、アンダーアーマー、ファイテンの5社がありました。

圧倒的に多いのはアシックス(ASICS)、ミズノ(MIZUNO)。

次にデサントが続いています。男子は女子に比べるとデサントの学校が多かったです。


アシックス

ミズノ

デサント

アンダーアーマー

ファイテン
メーカー 女子(参考) 男子
アシックス 24 23
ミズノ 23 17
デサント 4 11
アンダーアーマー 1 0
ファイテン 0 1



デザイン別:男子バレーのユニフォーム

シャージ(上シャツ)、パンツ(下)とも、スマフォやパソコンで好きなものを組み合わせてシミレーションできるセミオーダー、フルオーダーで、各チームともかなりかっこいい仕上がりです。

各チームとも2種類以上のユニフォームがあり、色やデザインは複数パターンあります。

以下の表はすべてを網羅したものではなく、メインのユニフォームでの参考数です。

スリーブ(袖)

男子では52校の出場チームのすべてが半袖でした。

袖タイプ 女子(参考) 男子
半袖 31 52
スリーブレス 20 0
長袖 1 0

女子は半袖と袖なしが半々に近いくらいですので、ここは男女でかなり違いが出ています。

参考記事)女子バレーのユニフォーム比較(2020年春高バレー出場校)

襟まわり

男子はV字ネックが多いです。

春の高校バレーに出場したすべてのユニフォームを見比べると、地域によって傾向が出ていたりするのが面白いです。

男子では九州勢に襟付きユニフォームが多いです。

襟の形 女子 男子(参考)
V型 33 39
丸型 17 6
襟付き 2 7



優勝、準優勝、3位のチームの男子ユニフォーム

どれも強そうに見えて、かっこよく、着やすそうです。

シンプルに見えて、実は結構、凝ったデザインなところが面白いです。

東山(京都)【優勝校】:アシックス

東山高校(京都)男子バレーボールユニフォーム

東山高校は春高出場12回目。渡邊 侑磨(ウルフドッグス名古屋)選手の出身校。

2020年に初優勝しました。

立体高速バレーと言われるテンポの速い攻撃、エースの高橋藍選手の活躍で、失セット0の完全優勝を果たしました。

東山高校(京都)男子バレーボールユニフォーム

背中側の学校名も京都らしい字体。

右肩と左肩のデザインが非対称。

もう一つのユニフォームは同じデザインの色違い。白と紺と赤の組み合わせ。

パンツのデザインもかっこいいです。

駿台学園(東京)【準優勝校】:ミズノ

駿台学園(東京)男子バレーボールユニフォーム

10年連続12回目の出場。

伊賀亮平(パナソニック)選手秦耕介(サントリー)選手、女子日本代表の今村優香(久光製薬)選手などの出身高校。

上のユニフォームは決勝戦で着ていました。

決勝戦で使ったユニフォームは首元が丸型カットで小さな襟付きタイプですが、準決勝で使った色違いはVネック(下の写真)。

デザインが結構異なりますが、黒と青と黄色という色使いは共通です。

松本国際(長野)【3位】:アシックス

松本国際(長野)男子バレーボールユニフォーム

松本国際は7年連続9回目の春高出場。今大会で最も注目された高校の一つ。

傳田亮太(ウルフドッグス名古屋)選手柳澤広平(ジェイテクト)選手小林光輝(ジェイテクト)選手らの出身高校。

松本国際(長野)男子バレーボールユニフォーム

背番号1は、この大会屈指のスーパーエース、柳田歩輝選手。最高到達点はこの大会に出場している選手の中で№1(345cm)。

白いパンツが高校生らしくさわやか。背中の学校名の字体もかっこいいですね。

胸のMKの文字がおしゃれ。

清風(大阪)【3位】:ミズノ

清風(大阪)男子バレーボールユニフォーム

清風(せいふう)高校は春高出場27回。

宮原和輝(FC東京)選手、高校時代に大阪代表のキャプテンとしてインターハイに出場したイケメン俳優の大谷亮平さんなどの出身高校。

「清い風」という校名のように爽やかな色のユニフォームです。

前と後ろに縦に入っている白い線がアクセントになっています。

上着の白い線がグラデーションになっているパンツと繋がっていて、何気にかなり凝ったデザイン。

清風(大阪)男子バレーボールユニフォーム



ベスト8に入ったチームの男子ユニフォーム

東福岡(福岡):ミズノ

東福岡(福岡)男子バレーボールユニフォーム

9年連続11回目の出場。2015、2016年に2大会連続で優勝した強豪。

久保山尚(ジェイテクト)選手、金子聖輝(JT広島)選手、藤岡諒馬(大分三好)選手、永露元稀(ウルフドックス)選手らの出身高校。

襟元のデザイン、胸のところに透かしのように入っているエンブレムが凝っていて、かっこいいです。

個人的には今大会出場校の中で最もかっこいいエンブレムと思います。

東福岡高校・男子バレーボールユニフォーム

鎮西(熊本):アシックス

鎮西(熊本)男子バレーボールユニフォーム

11年連続32回目の春高出場の熊本県の名門。

大会の注目エースアタッカーの一人、水町泰斗選手を中心に2018年の春高で優勝したチーム。

元日本代表選手(現衆議院議員)の朝日健太郎さん福山汰一(ジェイテクト)選手らの出身高校。

鮮やかな黄色がとても目立ちます。

九州勢は襟付きのチームが多い傾向にありました。

西原(沖縄):ミズノ

西原(沖縄)男子バレーボールユニフォーム

10年連続25回目の出場。沖縄県の名門。

今大会の男子チームの中ではシンプルな部類ですが、丸型ネックは少数派。

準々決勝の清風高校との試合は、シャツとパンツの青が揃っていて、とても爽やかで強そうです。

大村工(長崎):ミズノ

大村工高(長崎)男子バレーボールユニフォーム

長崎県の大村工業高校は10年連続17回目の出場。

山添信也(パナソニック)選手井手智(東レ)選手山口頌平(堺ブレイザーズ)選手大宅真樹(サントリー)選手などの出身校。

特徴のある茶色。袖の透かしや胸元のエンブレム、襟が付いているV字ネックなど、細かいところまでこだわりがあります。



他でかっこいい、強そう、おしゃれな男子ユニフォーム

東亜学園(東京):ミズノ

東亜学園(東京)男子バレーボールユニフォーム

春高出場36回目。東京の男子高校バレーと言えば、東亜学園。

日本代表の大竹壱青(パナソニック)選手、山本湧(サントリー)選手らの出身校。

名門ゆえ、とてもこだわりの多いシャツ。

ユニフォームに託した思いは今大会で最強というくらい。

東亜学園(東京)男子バレーボールユニフォーム

左胸には8つの星マークが。

春高で4回の優勝経験があり、以前は☆マークを4つ付けていました。

今は8つになっているのは「これから僕たちの時代に優勝して同じくらいの星を重ねたい」という意気込み?

もしかしたら、そうかもしれません。

右胸(写真左上)の肩に「y.koiso」というサインの刺繍は前監督の小磯先生の名前。

東亜学園(東京)男子バレーボールユニフォーム

さらに袖の端の馬のマークは、その前の監督の馬橋先生のシンボルだそうです。

一時代を気づいた先生の教えや伝統を引き継いでいこうという意思の表れですね。

慶應義塾(神奈川):ミズノ

慶應義塾(神奈川)男子バレーボールユニフォーム

慶応義塾高校は春高出場2回目。

勉強もできるし、スポーツも強いという誰もが憧れる学校の一つ。

2007年のワールドカップバレーのイメージキャラクターだったタレントグループ、嵐の櫻井翔さんの出身高校。

このシャツが展示されていた新宿の地下街では、このユニフォームの前で足を止めている人が多かったです。

東北(宮城):ミズノ

東北(宮城)男子バレーボールユニフォーム

宮城県の代表。春高出場30回目。

日本代表の小野寺太志(JT広島)選手、富松崇彰(東レ)選手らの出身校。

名門高校ほど、比較的にシンプルな色と柄の傾向があるように思えます。

でも襟の赤い線とかエンブレムのサイズとか、実は細かいところまで考えられていて、おしゃれに見えます。

埼玉栄(埼玉):アシックス

埼玉栄・男子バレーボールユニフォーム

春高出場は5年連続9回目。

埼玉県でスポーツが強い高校と言えば、必ず埼玉栄高校の名が挙がります。

バレーボール以外の分野でもスポーツが強く、水泳の瀬戸大也さん、日本のプロバスケットボールで最年長で活躍する折茂武彦さんらの出身高校。

鮮やかなオレンジ色。試合会場でとても目立つ色でした。

愛工大名電(愛知):デサント

愛工大名電高校・男子バレーボールユニフォーム

愛工大名電は3年連続17回目の出場。

スポーツ強い高校で、常に愛知県で上位争いに入る高校。

メジャーリーガーだったイチロー選手、プロ野球「ソフトバンクホークス」監督の工藤公康監督らも愛工大名電出身です。

紫色が伝統のシンボルカラー

愛工大名電(愛知)男子バレーボールユニフォーム

黄色が紫色とよくマッチしています。

V字ネックの下側のカット(隙間)にこだわりを感じます。

近江(滋賀):アシックス

近江(滋賀)男子バレーボールユニフォーム

春高出場は35回目。滋賀県の男子高校バレーの名門。

愛工大名電同様、V字ネックの下側のカット(切り込みの入れ方)が特徴的です。

近江(滋賀)男子バレーボールユニフォーム

多度津(香川):ファイテン(Phiten)

多度津高校・男子バレーボールユニフォーム

ファイテン(Phiten)製。今大会では唯一のファイテンのウェア。

ファイテンはスポーツ選手のパフォーマンスを上げたり、運動後のボディケアのための製品を作っている会社。

2015年には日本バレーボール協会の公認ウェアにも認定されています。



汗は洗い流しても、汗をかいた日々は流れない

最後に。

このユニフォームですが、2020年1月、春高バレー直後、東京の新宿の地下プロムナードに実物展示された巨大広告の一部なんです。

花王という石鹸や洗剤などを作る会社の広告ですが、出場選手へのとても素敵な「贈る言葉」が書かれていました。

今年も春高バレーが終わりました。

みんなの汗に、日本中が泣きました。3年生にとっては最後の大会。

でも、最後の試合が終わった日は、新しい挑戦のゼロ日目。

高校バレーで培った体力と粘りがあれば、なんだってできる。

汗は洗い流しても、汗をかいた日々は流れない。

・・・つづく・・・(引用:アタックゼロ屋外広告)

「春高バレー」の部分の言葉を、他の言葉に置きかえてみて下さい。

「汗は洗い流しても、汗をかいた日々は流れない・・・」は、きっと、その言葉にも当てはまるのじゃないかと思います。

春高バレーの最後の試合で着たユニフォームを預かり、「キレイに洗濯して、引退する3年生にユニフォームを額縁に入れて贈る」のだそう。

春高バレーは、バレーボールをする学生なら一度は必ず夢見るといってよい憧れの舞台。

もらう選手側としては、とても嬉しいですよね。一生の思い出になります。

ちなみに、アタックゼロの宣伝をすることが目的ではありません。が、ウチもこの洗剤を使っています。

特にレバータイプの液体洗剤ものは、霧吹きのようにとってを引くだけで洗剤の必要量が出てくるので、使うのが簡単。

毎回キャップ開けて、必要量を測って入れなくてよいので楽です。

面倒くさがりの私にはピッタリです。




\よかったらシェアしてね!/