柳田将洋(バレー)の身長・最高到達点、中学・高校・大学、マサブログとは?

柳田将洋,男子バレーボール選手

バレーボールのスター選手、柳田将洋(やなぎだ まさひろ)選手。

色白で細身のイケメン男子なルックスに加え、日本代表チームで主将をつとめるなど、実力、外見ともそろった素晴らしい選手です。

柳田将洋選手の身長や最高到達点、中学・高校・大学からVリーグ入団までのバレーボール歴をまとめました。

 

バレー選手の柳田将洋:身長、最高到達点、プロフィール

Embed from Getty Images

柳田 将洋(やなぎだ まさひろ)
生年月日:1992年7月6日
(2020年時点:28才)
出身地:東京都江戸川区
血液型:O型
ポジション:アウトサイドヒッター
契約チーム(2020-21年シーズン):
サントリーサンバーズ

柳田将洋選手は身長186cm体重79kg。(2019ワールドカップデータ)

セッターやリベロを含めた男子日本代表選手の平均身長が189cm前後で、平均より少し低い身長ということになります。

柳田将洋選手の最高到達点はスパイクジャンプが335cmブロックジャンプの最高到達点は310cm

柳田選手のスパイクは勝負どころで決まり、威力があり精度の高いジャンプサーブでは、サービスエースを多く見ます。

本当に勝負に強い選手で、ここぞという時の集中力がずば抜けています。

また、柳田選手はキャプテンシー(キャプテンらしさ、チームリーダーの素質)が高く、日本代表のキャプテンを務めています。

柳田将洋の幼少期

将洋選手のお母さんによれば、生まれた時は身長54cm、体重3414gだったそうです。

少し背が大きめかもしれませんが、一般的なサイズの赤ちゃんですね!

幼い頃の柳田選手はわりとおとなしめの感じで、人前に出るのも苦手だったそうです。

電車が好きで秋葉原(東京)の交通博物館にもよく通っていたとか。

スポンサーリンク

柳田将洋の小学生時代:小岩クラブ

柳田将洋選手の出身小学校は東京江戸川区、北小岩小学校

柳田選手は9人制のバレーをしていた両親の練習によくついてゆき、自然と身体を動かしながら遊んでいたそうです。

バレーボールを始めたのは小学2年生の7歳の頃。

クラスメイトに小岩クラブでバレーをしている友達に誘われ、小岩クラブへ見学しにいったのがバレーを始めるきっかけになったそうです。

引用元:https://ameblo.jp/koiwaclub

小岩クラブは、東京都江戸川区小岩の小学校を拠点に活動する小学生バレールクラブで、約40年も続いている歴史あるクラブ。

卒業後に春高バレーや実業団で活躍する選手も多いそうです。

このクラブの素晴らしさはバレーの技術だけでなく、あいさつや礼儀作法などもきちんとできるよう教えていることだったそうです。

柳田選手は小岩クラブで小学5年生の時にエースとして全国優勝を経験しています。

小学校6年生のときはキャプテンでした。

スポンサーリンク

柳田将洋の中学校時代

柳田将洋選手の出身中学は安田学園中学校

安田学園中学校は柳田選手の父の出身校で、指導に定評のある中高一貫校です。

しかし当時は身長も高い方ではなく、試合でもなかなか勝てなかったようです。

柳田選手は「下積みの暗い時代だった」と振り返り、同世代歳で早くから名を馳せた選手を遠くから見上げては「こういう選手が将来は上で活躍するんだろうな」と思っていたほどだそうです。

しかし、中学も終盤、高校入学に近づくと徐々に力をつけて周囲から注目されるようになっていた?のでないでしょうか。

下の写真の前列左から2番目(背番号7)は中学時代の貴重写真。

中学3年の時の全国大会、JOC杯の東京選抜の写真と思われます。(VリーグのFC東京で活躍する同級生の井上仁選手のツイッターより)

中学生っぽくて、かわいい!ですね。

しかし、中学生の頃、コーチの言われたとおりでなく「自分たちで考えるバレーボール」を意識し始めたそうです。

スポンサーリンク

柳田将洋の高校時代(春高のプリンス)

柳田将洋選手の出身高校は東京都千代田区の東洋高校

中学卒業後、柳田選手は中高一貫の安田学園高校でなく東洋高校へ進んだのは、バレー部の先輩が成長している姿を目の当たりにして「東洋高校でバレーをしたい」と思ったからだそうです。

東洋高校では「自分たちで考えるバレーボール」が徹底され、そのことにも惹かれていた柳田選手は振り返っています。

2009年3月、高校1年生で出場した春高バレー(春の高校バレー)で、エースとして活躍。

優勝した都城工業に準々決勝で敗れたが、柳田選手はベストルーキー賞を受賞しました。

高校2年の2010年、春高バレーに主将として出場。見事、優勝を果しました。

その決勝戦での活躍の様子がこちらの映像です。

この時から柳田選手の女性からの人気はすごかったと言われます。柳田将洋選手はすでにこの時点からスターでした。

スパイクが1本決まるたびに観客席からは女性たちの黄色い歓声が沸き起こり、バレー専門誌でも特集されました。

春高決勝の勝利で涙を見せると、それを見た女性ファンからキャーという悲鳴が沸き起こります。

試合後の会場の出口付近には“出待ち”の女性が300人くらいいた!という伝説も。

さらにユース世代の代表選手にも選ばれ、高校2年でイタリアで行われた第11回世界ユース選手権ではベストスパイカー賞を受賞!

(チームは14位でベストスパイカー賞って、どんだけすごいんですか!)

インカレ(全国高校選抜大会)でも最優秀選手賞を獲得しました。

いよいよ「世界の柳田将洋」が始まった時と言えます。

柳田将洋の大学時代

柳田将洋選手の出身大学は慶應義塾大学(環境情報学部)。

引用元:https://keispo.org

この頃の慶應大学のバレーボール部は1部に所属してはいたものの、優勝争いからは遠ざかっていた状態。

東洋高校の先輩である宗雲健司監督から声がかかったということ以外に、この頃の柳田将洋選手は、頭のどこかで「将来バレーでは食べていけないんじゃない?」と思っていたそうです。

慶應といえば、社会的にも先へつながる名門大学です。夢よりも現実を見ることが大切。

当時はまだ10代だった柳田選手は「もしもバレー選手ではなくなっても、社会人として道をつくらないといけない。」と考えていたと後に語っています。

さすがですね!

大学時代の柳田選手は大学2年の時に全日本インカレ(大学の全国大会)で準優勝を経験。

そして、大学3年生の4月(2013年)には、全日本代表のメンバーに初登録

2014年のアジア大会(大学4年生)では銀メダルを獲得しています。

スポンサーリンク

サントリーサンバーズの柳田将洋とマサブログ

慶應大学を卒業後、Vリーグのトップクラスチーム、サントリーサンバーズへ入団(2015-2017年)。

2015/2016シーズンのレギュラーラウンドでは全試合に出場し、最優秀新人賞を受賞。

そのころの柳田選手のブログ、いわゆる「マサブログ」がこちら。

▶サントリー時代のマサブログ

2015年のワールドカップでは、日本代表として、ほぼ全試合にレギュラーとして出場しています。

その後、柳田選手は実業団ではなく、プロで活躍したいという思いから、海外リーグへと渡りましたが、2020-21年シーズンは、再びサントリーサンバーズでプレーすることになりました。

バレーボール:柳田選手情報まとめ

ルックスの良さから女性人気がとても高い柳田選手ですが、その素晴らしい人間性やキャプテンシーから、日本男子バレーボール界の支柱とも言えます。

当サイトは柳田将洋選手を応援しています!

よろしければ、こちらもどうぞ!

柳田将洋,男子バレーボール選手

柳田将洋(バレー)選手個人のファンクラブやグッズ、コンテンツ情報まとめ

柳田将洋(バレー)のドイツやポーランドの移籍、契約チーム、活躍は?

Yanagida Masahiro

バレーボール 柳田将洋選手情報 まとめ

スポンサーリンク








よかったらシェアしてね