石井優希(バレー)の出身中学高校、最高到達点、ファンクラブ等プロフィールは?全日本代表女子

石井優希,女子バレーボール選手
スポンサーリンク  

バレーボールVリーグの久光スプリングスや日本代表「火の鳥NIPPON」で活躍する石井優希選手。

今や女子バレーを代表する選手としての存在感がある石井優希選手の出身校や最高到達点、インスタ、ファンクラブなどの情報をまとめました。

バレー選手の石井優希:身長や最高到達点などプロフィール

Embed from Getty Images

プロフィール
石井 優希(いしい ゆき)
生年月日:1991年5月8日
(2020年現在:29歳)
出身地:岡山県倉敷市
血液型:A型
ポジション:アウトサイドヒッター
所属:久光スプリングス

石井優希選手の身長は180cm体重68kg(Vリーグ公式データ)。

現在の女子日本代表のスパイカー(OH,MB,OPの3つのポジション)の平均身長が178cm前後

セッターやリベロを含めた全日本女子の平均身長が175cmくらいなので、日本チームでは、背が高めな方に入ります。

2020年の代表登録選手のエース級の3選手(石井優希、黒後愛古賀紗理那)は、ともに身長180cm。

石井優希選手の最高到達点はスパイクジャンプが306cmブロックジャンプの最高到達点は302cm

指高は233cm

助走付きのスパイクジャンプで最高到達点に達した時のジャンプ力は73cm(最高到達点306cm-指高233cm)で、すごいですね。

足のサイズは27cmだとか(Vリーグデータ)。

スポンサーリンク

石井優希の小学校時代

石井優希選手は生まれてから間もなく、お母さんのママさんバレーの練習くっついていたそうです。

石井優希選手の出身小学校は岡山県の倉敷市立茶屋町小学校

石井優希選手がバレーボールをはじめたのは倉敷市立茶屋町小学校2年生のとき、茶屋町スポーツ少年団

母のママさんバレーのチームに地元のスポーツ少年団の監督をしていた先生が来ていて、そこで誘われたのがきっかけでした。

石井優希選手には1才年上の姉がいます。

小学校、中学校の頃は、小学校4年生からバレーをはじめたお姉さん(亜希さん)と一緒にプレーをしていました。

石井優希選手は、小学校の時にチームの主将(キャプテン)を経験。

この頃の石井選手の夢はバレーボール選手保育士だったそうです。

この時期からバレーボール選手になることを夢見ていたなんて、すごいですね!

スポンサーリンク

石井優希の中学時代

石井優希選手の出身中学は岡山県の倉敷市立東陽中学校

石井優希選手はアタッカーとして、1学年上でセッターの姉、亜希さんと一緒にプレー。

優希選手は姉の上げるトスを打つのが大好きだったと語っています。

石井優希選手のバレーボール人生のターニングポイントと言われるのが中学3年生の時。

岡山県の県選抜としてJOC杯(中学選抜の県対抗の全国大会)に出場。

大会優秀選手に選ばれました。

すでに中学生としては背が高かった石井優希選手。

県選抜に選ばれるまで主にセンターエリアでプレーをしていたため、県選抜になってから初めて、左右に移動するブロックができるよう本格的な練習に取り組んだそうです。

その頃、県選抜の監督から「あなたは頑張ったら日本代表になれるよ」「素質はある」と言ってもらえたそうです。

東陽中学校としては突出した戦績はなかったものの、石井優希選手個人としては中学時代から目立っていたということですね。

石井優希の高校時代

石井優希選手の出身高校は岡山県の就実高校

就実高校は春高バレーへ40回以上の出場歴を誇るバレーボールの超強豪校。

就実高校には自宅から通える距離でしたが、石井優希選手は寮に入って本格的なバレーボール漬けの生活を送ったそうです。

石井優希選手の時代の就実高校は全国大会でベスト16くらいが多く、高校2年で春高バレーに出場した際も2回戦で負けてしまいました。

その時の対戦相手は宮城県の強豪、古川学園。

さらに石井選手は腰痛を抱えていたにもかかわらず、将来性を感じさせるプレーがメディアやバレーボール関係者の目にとまり、注目されました。

高校3年生のときに就実高校の主将を務めています。

その頃の動画がこちら。

スマートな空中姿勢とシャープなスウィングで打ち込むパワフルなスパイクは、現在の石井優希選手と通ずるものがありますね。

スポンサーリンク

久光スプリングスの石井優希選手(2010年ー)

2010年1月、久光製薬スプリングスの内定選手となりました。

久光製薬スプリングスは、日本代表クラスの選手が名前を連ねるV1リーグ女子の強豪チーム。

石井優希選手はプレミアリーグ開幕2戦目のデンソー戦で初出場。

2013-2014年シーズンでサーブ賞を獲得。

2016-2017年のシーズンはチームの準優勝に貢献し、敢闘賞を受賞。

2017-2018年のシーズンは攻守の要として、久光の優勝の原動力となり、MVP(最高殊勲選手賞)レシーブ賞を獲得し、Vリーグのベスト6メンバーに選ばれています。

2019-2020年のシーズンからは、久光スプリングスのキャプテンとなりました。

キャプテンとして出場した試合後のインタビューはこちら。

スポンサーリンク

石井優希の久光スプリングスのファンクラブ

石井優希選手個人のファンクラブではありませんが、久光スプリングスの公式ファンクラブがあります。

会員ランクはプラチナ(年会費3万円)、ゴールド(年会費1万円)、ブルー(年会費3000円)、グリーン(年会費1000円)があり、それぞれ特典や優待内容が異なります。

試合観戦の際の優先入場の有無により、会費(ランク)にかなり違いがあります。

▶公式ファンクラブサイト

また、久光スプリングスはツイッターやインスタなどSNSでの発信も充実しています。

毎年Vリーグでの上位入賞の常連チームのため、広報や発信のマネジメントが素晴らしいです。

石井優希の中学・高校や最高到達点、ファンクラブなど情報まとめ

石井優希選手のこれからのさらなるご活躍期待したいですね。

当サイトは石井優希選手を応援しています!

よろしければ、こちらもどうぞ。

久光製薬スプリングス, HISAMITSU SPRINGS

久光スプリングスのファンクラブ、グッズ、ファンレターや選手情報等、チームのプロフィール

バレーボール女子日本代表,火の鳥nippon

全日本代表バレー女子選手のインスタやツイッター、プロフィールは?

スポンサーリンク








↓シェアボタンはこちら↓