黒後愛(バレー)の中学、高校は?家族構成や石川真佑選手とは?

黒後愛,女子バレーボール選手

Vリーグの東レアローズ、バレーボール女子日本代表・火の鳥NIPPONでの活躍が注目されている黒後愛(くろご あい)選手。

黒後愛選手のVリーグ入団までのバレーボール歴、バレーボール一家とも言えるご家族についてまとめました。

 

バレー選手の黒後愛:基本プロフィール

Embed from Getty Images

プロフィール
黒後 愛(くろご あい)
生年月日:1998年6月14日
(2020年時点:22才)
出身地:栃木県宇都宮市
身長:180cm / 体重:70kg
血液型:B型
ポジション:アウトサイドヒッター
所属チーム:東レアローズ

黒後愛の小学校時代

黒後愛選手の出身小学校は栃木県の宇都宮市立横川西小学校

バレーボールを始める前は水泳やピアノもやっていたそうです。

小学1年生の頃からバレーをしていた姉の練習について行っていましたが、バレーボールを始めたのは横川西小学校3年生のとき。

横川西小のチームと母の知り合いがコーチをしているクラブ、サンダースと両方でバレーをしていました。

サンダースは県内のジュニアバレーボールの強豪。

黒後愛選手が5年生の時(2010年)、全国大会(全国スポーツ少年団バレーボール交流大会)でベスト4に入りました。

6年生の時に全国優勝を目指していましたが、東日本大震災の影響で大会が中止になってしまったそうです。

黒後選手の小6の時の身長は160cm前後。

小学生としては高身長のほうですが、この時期にレシーブをよく練習したおかげで、エースアタッカーになった後も、レシーブへの苦手意識はなかったと言います。

スポンサーリンク

黒後愛の中学時代

黒後愛選手の出身中学校は宇都宮市立若松原中学校

若松原中学校は校区ではなかったそうですが、叔父が若松原中のバレー部監督をしていたため、越境という形で通っていました。

既に他の選手とは一つ抜けた身長の高さ、上手さだった黒後選手は若松原中学校の1年生からレギュラー。

下の左から二番目は中学時代の黒後愛選手。中学生らしくてかわいいですね。

中学時代は関東大会への出場まででしたが(関東大会に出るだけでも十分すごいですが)、中学2年の時には全日本中学選抜に選出されています。

中学3年で出場した全国都道府県対抗中学バレーボール大会では、栃木県代表は2回戦で負けましたがが、黒後選手は優秀選手賞を獲得

優秀選手は、通常、優勝校や準優勝校から選ばれることが多いです。2回戦で敗退した黒後愛選手はとても存在感があった証拠ですね。

スポンサーリンク

黒後愛の高校時代

黒後愛選手の出身高校は下北沢成徳高校

下北沢成徳高校は高校女子バレーボール界の東京の超名門。

木村沙織大山加奈荒木絵里香石川真佑など、全日本選手のトップ選手たちの出身校。

黒後選手は下北沢成徳高校1年の時、春高バレーでベスト8(2015年)。

高校2年(2016年)、3年(2017年)で二大会連続で優勝。

エースとして大会のMVP(最優秀選手)に表彰されました。

春高へ出場した当時のことを黒後選手が語る動画がこちら。

下北沢成徳高校ではウェイトトレーニングをしっかり行うらしく、卒業生の選手は皆、共通してパワフルな感じになるのだとか。

エースアタッカーの練習は、ハイセット(相手ブロックがしっかりつく時間のある高いトス)の時でも逃げない、小手先に走らない!

真っ向勝負して打ち切って、得点を決める練習をたくさんするのだそうです。

こういう骨太さ、強さがあるから、高校卒業後、すぐにシニア代表チームに合流して活躍できるのでしょうね。

さらに、下北沢成徳高校の名将、小川良樹監督の指導法は「教えすぎず、自分で考える力をつけさせる」。

自分で考えて対応する力があるから、相手チームに対応できるし、苦しい場面でも自分で修正できる。

小川良樹監督の指導法によって、木村沙織、大山加奈、荒木絵里香などの日本女子バレーを代表する選手たちが生まれるのでしょうね。

下北沢成徳高校、本当に、すごい高校ですね。

スポンサーリンク

東レアローズの黒後愛選手

高校卒業後、2017年に黒後愛選手はVリーグの東レ・アローズに入団。

同じ年、2017年3月、全日本女子代表メンバーに初登録されています。

Vリーグに本格デビューした2017-18年のシーズンでは、攻守の中心選手として活躍。

黒後選手は最優秀新人賞を獲得しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#黒後愛 #東レアローズ 📷 by kuropear

東レアローズ(@arrows1218)がシェアした投稿 –

黒後愛選手と石川真佑選手の共通点

黒後愛選手はテレビや雑誌で石川真佑(いしかわ まゆ)選手と一緒に出演したり、インタビューを受けることが多くあります。

二人の共通点は何でしょうか?

下北沢成徳高校出身、東レアローズ所属

二人は同じ下北沢成徳高校の出身。

そして、Vリーグでも同じ東レアローズに所属しています。

(写真左が黒後愛選手、右は石川真佑選手)

 

この投稿をInstagramで見る

 

#黒後愛 #石川真佑 #東レアローズ

東レアローズ(@arrows1218)がシェアした投稿 –

下北沢成徳高校の3年生でキャプテン兼エースとして活躍しているとき、石川真佑選手が高校1年生として入部。

2人は一緒に春高バレーへ出場し、優勝を経験しています。

黒後愛も石川真佑もミライモンスター

黒後愛選手が下北沢成徳高校に通う16才の時、フジテレビの“ミライモンスター”という番組に出演しました。

ミライモンスターは「未来に羽ばたく金のタマゴ応援する」番組で、その2年後、石川真佑選手も16才で“ミライモンスター”に出演しています。

二人とも16才の時から全国に名が知れわたる、将来を期待される逸材だったというわけですね。

高校時代、黒後愛選手は主将という立場もあってか、石川選手からすると「いつも張り詰めた感じ」だったそうです。

そして、黒後選手は「話かけられなかったくらい怖く見えた(笑)とか。

現在、二人は親しい友人のようにフランクな良い関係のようです。

石川真佑選手も、東レアローズへ入団した時、初めて日本代表入りした時は、2年先の黒後愛選手がいて、とても心強かったと語っています。

二人はポジションも同じアウトサイドヒッターなので、これからは切磋琢磨しながら、両輪のように活躍していってほしいですね。

スポンサーリンク

黒後愛選手のご家族構成

黒後愛選手は姉のいる4人家族。バレーボール一家と言えます。

黒後愛選手のお父さんは元バレーボール選手。

父の黒後洋(ひろし)さんは宇都宮大学の体育学などを専門分野とする指導者で、宇都宮大学のバレーボール部を関東の1部リーグに昇格させたことのある名監督です。

母(裕子さん)も元バレーボール選手。

全日本インカレ上位の常連である筑波大学の女子バレー部に所属していたそうです。

5才年上の姉(彩乃さん)も元バレーボール選手。

お姉さんはバレーボールの強い国学院栃木高校へ進学し、春高バレーに出場

その後、宇都宮大学でバレーボールをしていたとのこと。

ちなみに黒後愛選手が通った宇都宮市立若松原中学でバレー部の監督は、叔父の黒後昭さん。

黒後昭さんは「黒後愛選手はものすごい集中力の選手」で、そのエピソードには事欠かないと語っています。

この集中力については、日本代表の中田久美監督も同様に「集中できた時の黒後はすごい!ワールドクラス」と評しています。

バレーボール:黒後 愛 選手情報まとめ

黒後愛選手には今後、日本の女子バレーを引っ張っていってほしいですね。

当サイトは黒後愛選手を応援しています!

よろしければ、こちらの記事もどうぞ。

黒後愛,女子バレーボール選手

黒後愛(バレー)の身長、最高到達点、インスタ、グッズ、ファンクラブは?

東レアローズ女子, TORAY ARROWS WOMEN

東レアローズ[女子]の選手メンバー、グッズ、ファンクラブやレター等[チーム情報まとめ]

スポンサーリンク








よかったらシェアしてね