バレー鍋谷友理枝の中学高校、最高到達点、ゴーグルメガネは?デンソーエアリービーズ

鍋谷友理枝,女子バレーボール選手
スポンサーリンク  

バレーボールVリーグのデンソーエアリービーズや日本代表「火の鳥NIPPON」で活躍する鍋谷友理枝(なべや ゆりえ)選手。

細身ながらも高いジャンプ力やスピードのあるプレーが印象的な鍋谷友理枝選手の出身校や最高到達点、ご家族などの選手情報をまとめました。

一番上の灰色の目次から知りたい箇所をクリックすると、スキップします。

バレー選手の鍋谷友理枝:身長や最高到達点などプロフィール

Embed from Getty Images

プロフィール
鍋谷 友理枝(なべや ゆりえ)
生年月日:1993年12月15日
(2020年現在:27歳)
出身地:東京都大田区
血液型:B型
ポジション:アウトサイドヒッター
所属:デンソーエアリービーズ

鍋谷友理枝選手の身長は176cm体重58kg(Vリーグ2019公式データ)。

現在の女子日本代表のスパイカーの平均身長が178cm前後、セッターやリベロを含めた全日本女子の平均身長が175cmくらい。

鍋谷選手は日本代表選手としては平均的な背の高さですね。

鍋谷友理枝選手はスパイクジャンプの最高到達点が305cmブロックジャンプの最高到達点は288cm

指高は224cm

助走付きのスパイクジャンプで最高到達点に達した時のジャンプ力は81cm(最高到達点305cm-指高224cm)ということになります。

これは日本代表チームの中でもかなり高いですね(70cmを超えるだけでも高い方)。

エース級スパイカーの古賀紗理那選手(身長180cm、最高到達点305cm)、石井優希選手(身長180cm、最高到達点302cm)らと並ぶ高さがあります。

特に高身長ではありませんが、攻守の切り替えが早く、ジャンプ力の高いシャープなスパイクフォーム、スピードのある攻撃が個人的には大好きな選手です。

Embed from Getty Images

また、サーブの時の手の構えから「まねきねこサーブ」「かまきりサーブ」などと呼ばれることもあります。

足のサイズは26cm(Vリーグデータ)。

スポンサーリンク

鍋谷友理枝の小学校時代

鍋谷友理枝選手の出身小学校は東京都品川区の小野学園小学校

鍋谷選手は普通に勉強をするつもりで私立の小野学園小学校へ入学。

しかし、当初はバレーボールをする気は特になかった(笑)そうです。

バレーボールをはじめたのは小学校3年の時。

鍋谷友理枝選手が小野小学校へ入学した年にバレーボール部ができたことがきっかけ。

当時、私立小学校にバレー部があるのは珍しく、東京都で初のことでした。

実は鍋谷選手はご両親がともに高校バレーの超強豪有名校出身のバレーボール選手。

お父さんがコーチがコーチをしたそうです。

しかし、あまり強いチームではなく、この時点で鍋谷選手は特にバレーを続けていこうとは思っていなかったそうです。(笑)

(現在、小野学園小学校のバレー部はなくなっています)

スポンサーリンク

鍋谷友理枝の中学時代

鍋谷友理枝選手の出身中学は東京都文京区の淑徳SC中学校

淑徳SCは中高一貫の私立で、インターハイや全国大会で上位に入ることがあるほどバレーボールが強い学校。

鍋谷友理枝選手は淑徳SCの中等部のバレー部で、現在、デンソーでチームメートの大竹里歩選手と同じチームでプレーをしていました。

鍋谷選手は今はアウトサイドヒッター(アタッカー)ですが、淑徳SC中学時代、ツーセッターやスリーセッターで少しトスを上げることもあったそうです。

(鍋谷選手のお母さんは高校、大学時代の超強豪校の名セッターだった)

明るい性格だった鍋谷選手はキャプテンも務めて、全国大会(全国中学校体育大会)でベスト8に入っています。

2008年(第22回)JOCジュニアオリンピックカップに東京選抜チームとして出場。

東京選抜チームが優勝するとともに、鍋谷選手自身もオリンピック有望選手賞を受賞する活躍でした。

鍋谷友理枝の高校時代

鍋谷友理枝,女子バレーボール選手
©http://blog.livedoor.jp

鍋谷友理枝選手の出身高校は大分県の東九州龍谷高校(通称:東龍)

東九州龍谷は春高バレーで優勝回数が最多の8回という高校女子バレーの超強豪校。

常に全国の高校の女子バレーボール界の頂点を争っている学校です。

東京で生まれ育った鍋谷選手が、なぜ遠い九州の大分へ??

実は東龍の名将、相原昇監督からスカウトされたそうです。

鍋谷選手も日本一になりたいと思い、高校時代は大分でバレーボール生活をしました。

高校3年生(2012年)の時にはチームのキャプテンとして第64回春高バレーで優勝。

自らも最優秀選手賞を受賞する活躍でした。

スポンサーリンク

デンソー・エアリービーズの鍋谷友理枝選手

2011年12月、デンソー・エアリービーズに入団が決定。

2012年3月のファイナルラウンドの3位決定戦がVリーグでのデビュー戦となりました。

2012年9月には第3回アジアカップ女子大会に日本代表メンバーとして参加。

2016年リオデジャネイロ五輪に出場しています。

鍋谷友理枝選手のゴーグルメガネの理由やメーカー

鍋谷友理枝選手は2019年6月のネーションズリーグ、9~10月のワールドカップで、右目の保護のためゴーグルを着用して出場。

バレーボールではあまり見慣れないメガネをしてのプレーだったため、少なからず巷で話題に上りました。

Embed from Getty Images

鍋谷友理枝選手のゴーグルの使用理由

鍋谷友理枝選手がなぜゴーグルを使用するようになったか、そのきっかけは2019年4月のこと。

代表合宿中に顔面にスパイクを受け右眼球内から出血。全治1ヶ月の「網膜振盪症」となったことから、再負傷を防止するためというのが理由とされています。

スポーツ用のゴーグルなら、ブロックやスパイクの激しい動きの際に落ちてしまうことなく、目を保護することができますね。

鍋谷友理枝選手のゴーグルのメーカーとブランド

鍋谷友理枝選手がつけているゴーグルのメーカーは山本光学のSWANS(スワンズ)というブランド。

山本光学は創業100年を超える日本の会社で、スキーや水泳用のゴーグルのほか、有名ゴルフ選手の石川遼さんが愛用するスポーツサングラスなどを生産しています。

2019年に鍋谷選手が使用していたとされるSWANSのアイガード(ガーディアン・シリーズ/GDX-001 BK )の特徴は下記です公式サイトより

  • 衝撃に強い
  • 顔に優しい
  • ズレにくい
  • くもりにくい
  • 安心の日本製

 

その後、鍋谷選手は2020年5月に山本光学とアドバイザリースタッフ契約を結び、新発売の「GURDIAN-Fit(ガーディアン・フィット)」について以下のコメント。

本当に使いやすくて、試合中も着けているのを忘れるくらいフィット感が良いです。視界もとても広く、横にいる選手や上がったボールも裸眼の時と変わらない感覚で見えます。このゴーグルとともに、今後の大会でも飛躍できるように頑張ります。応援よろしくお願いします。(引用元:Sanspo記事

GURDIAN-Fit(GD-FIT BK/定価32,000円)は、160kmの野球の硬球ボールを2mの至近距離からあてても、レンズがフレームから外れないくらいに高い安全性があるそうです。

ツイッター写真のピンク色のストラップ版もかわいいですね。

GD-FIT BKの製品情報

プレスリリース

サイズはS、M、Lの3種類があるようです。

鍋谷友理枝選手は結婚している?

鍋谷友理枝選手は2020年時点でご結婚されていらっしゃらないようです(未婚)。

鍋谷友理枝選手 関連情報

鍋谷友理枝選手のこれからのさらなるご活躍期待したいですね。

当サイトは鍋谷友理枝選手を応援しています!

よろしければ、こちらもどうぞ。

デンソーエアリービーズ, DENSO AIRYBEES

デンソーエアリービーズの選手、ファンクラブ、グッズ、ファンレター等チームプロフィールまとめ!

全日本代表バレーボール,龍神NIPPON,火の鳥NIPPON

バレーボール全日本代表チームと選手の情報




当サイトについて

当サイトへの訪問ありがとうございます。バレーボールを中心としたスポーツ情報を発信をしています。

運営者のプロフィール