関田誠大(バレー)の出身中学高校・大学、ファンクラブ等プロフィールは?全日本代表男子

関田誠大,男子バレーボール選手
スポンサーリンク  

バレーボールVリーグの堺ブレイザーズに所属し、全日本代表のセッターとしても活躍している関田誠大(せきた まさひろ)選手。

相手チームのブロッカーの意表を突くような立体バレーボールのトスワークが光る関田誠大選手の出身校やファンクラブなど、プロフィール情報をまとめました。

バレー選手の関田誠大:身長や最高到達点などプロフィール

Embed from Getty Images

プロフィール
関田誠大(せきた まさひろ)
生年月日:1993年11月20日
(2020年時点:27才)
出身地:東京都江東区
血液型:B型
ポジション:セッター

関田誠大選手は身長176cm体重73 kg(2019年Vリーグデータ)。

日本代表の深津 英臣(181cm)選手や藤井直伸(183cm)らよりも少し低めですが、スパイカーとの相性の良さや相手の意表を突くトスワークが光ります。

また、スパイクジャンプの最高到達点は320cmブロックジャンプの最高到達点も320cm

指高は225cm

スパイクジャンプとブロックジャンプに差がないのも特徴的で、ブロックジャンプは70~80cm台くらいの選手が多い中、95cm(最高到達点320ー指高225cm)というのはすごいですね!

スポンサーリンク

関田誠大の小学校時代

関田誠大選手の出身小学校は東京都葛飾区の中之台小学校

関田選手の姉もバレーボールをしており、その影響で中野台小学校1年生の時から、地元クラブの東金町ビーバーズでバレーボールを始めました。

東金町ビーバーズは葛飾区を中心に活動しているジュニアのバレーボールチームで、全国大会でも優勝するような強豪チーム。

Vリーグでは女子の日立リヴァーレの長内美和子選手(日本代表選手)らの出身クラブです。

東金町ビーバーズの合言葉は『夢と勇気!』。

東金町ビーバーズのブログを見ると、更新頻度が高く、熱心に練習を重ねる強豪チームの伝統は、今も続いているようです。

スポンサーリンク

関田誠大の中学時代

関田誠大選手の出身中学は東京都北区にある駿台学園中学校

駿台学園中学校のバレー部は関田選手が入学する2~3年前から、全国大会で上位を獲る中学校。

小学校1年からバレーをはじめた関田選手でも、中学1年や2年生の頃は球拾いも経験したそうです。

その後、中学3年で関田選手はセッターとして全国優勝。

駿台学園中学校はそれまでに準優勝までは経験していましたが、関田選手の代で初めて優勝をしました。

関田選手が在籍した時代以降、駿台学園中学は東京の「バレーボールの強豪中学校」としての不動の地位を確立してゆきました。

  • 2006年度全国大会準優勝
  • 2007度全国大会ベスト8
  • 2006度全国大会第3位 ※関田選手中1
  • 2007度全国大会第3位 ※関田選手中2
  • 2008年度全国大会優勝 ※関田選手中3

以降、2009、2010、2011、2013、2017、2019年度の優勝6回。準優勝3回を経験。

この戦績は強すぎですね。駿台学園中学のバレーは歴代中学校の最強と言えそうです。

ちなみに駿台学園は、近年、駿台高校もバレーボールが強いです。

関田誠大の高校時代:柳田将洋と一緒にプレー

関田誠大選手の出身高校は東京の東洋高等学校

東洋高校には1学年上に柳田将洋選手がいました。

関田選手の父親と柳田選手の父親が知り合いで、二人は小学生の頃から面識があり、柳田選手が東洋高校への進学を勧めた(スカウト)という話もあります。

関田選手は東洋学校ではセッターとして1年生からレギュラーとなり、柳田将洋選手(2年)らと共に出場した2010年3月の春高バレーでは初優勝しました。

中学、高校で学校創立以来の初優勝を経験した関田選手は、きっと何かを「(運を)持っている」のではないかと思いますね。

春高優勝のときの名シーンがこちら。「“春高のプリンス”柳田将洋選手が試合後に涙を見せて、会場が女性ファンのキャーという悲鳴で包まれた」という伝説となった場面です。

スポンサーリンク

関田誠大の大学時代:石川祐希と一緒にプレー

関田誠大選手の出身大学は中央大学(法学部)。

中央大学は福澤達哉、石川祐希、大竹壱青などバレー選手の出身大学。

関田選手は中央大学でも1年次からレギュラー。大学3年の時に石川祐希選手が新入生として入部してきました。

石川祐希選手は高校時代に全国6冠を達成した世代№1アタッカーです。

関田選手が3、4年で石川選手と同じチームでプレーし、2014年大学3年の全国インカレでは2年連続で優勝。

関田選手個人としても2年連続でセッター賞を獲得。MVP(最優秀選手賞)となりました。

関田選手と石川選手の中央大学時代、2015年秋季関東大学バレーリーグ戦での試合シーンがこちら。

東海大学との試合を長いラリーを制し、二人(背番号1関田と14石川)が抱き合って喜びを分かち合うシーン。

スポンサーリンク

関田誠大:パナソニック・パンサーズ時代(2015年 – 2018年)

2015年12月1日、パナソニック・パンサーズに内定。

2016年シーズンからVリーグ選手となりましたが、同じチームには日本代表のセッターでもある深津正臣選手が不動のセッターとして活躍していた。

そのため、特に最初の3年間は試合への出場機会に恵まれなかったようで、深津英臣選手の半分か3分の2くらいのセット数。

小学校から大学まで正セッターとして華々しく全国優勝を経験してきた関田選手にとっては、少し物足らなかったでしょう。

堺ブレイザーズの関田誠大選手(2018年 – )

2018年9月にパナソニックパンサーズを退団し、10月からは堺ブレイザーズに移籍。

パナソニックパンサーズ時代の約2倍にあたる、1シーズンの合計100セット前後の試合に出場しています。

また、2016年からは日本代表選手として登録され、2018年の世界選手権、2019年のワールドカップでは、多くの次第で、スターティングメンバーとして出場。

特に2019年のワールドカップでは全11試合中、8試合に出場し、日本男子バレーとしては28年ぶりとなる4位入賞へ貢献しました。

「持っている男」関田選手には東京オリンピックでの活躍も期待したいですね。

スポンサーリンク

関田誠大選手関連のファンクラブやファンレターの送付先は?

堺ブレイザースのサポーターズクラブ

選手個人のファンクラブではありませんが、堺ブレイザーズの会員制サポーターズクラブ(ファンクラブ)があります。

年会費や特典によって、プラチナ会員 、ゴールド会員、ソシオ会員、フレンズ会員、キッズ会員に分かれています。プラチナ会員とゴールド会員は定員があります。

堺ブレイザーズのウェブサイトは内容がとても充実しています。

サポーターズクラブは下記サイトの上部バナーの右側の方に「SUPPORTERS CLUB」欄があります。

公式サイトの右下からメールマガジン登録もできるようです。

堺ブレイザース公式サイト

関田誠大選手へのファンレター送付先

堺ブレイザーズの選手やスタッフへのファンレターの送付先はこちら。

〒590-0901
大阪府堺市堺区築港八幡町1番地
日本製鉄堺 体育館内
堺ブレイザーズ ○○選手宛

関田誠大の中学・高校・大学、インスタ、ファンクラブ等まとめ

関田誠大選手のさらなる活躍に期待したいですね。

当サイトは関田誠大選手を応援しています!!

よろしければ、こちらもどうぞ。

堺ブレイザーズ, SAKAI BLAZERS

堺ブレイザーズのファンクラブ、グッズ、ファンレターや選手情報等、チームのプロフィール

全日本代表バレーボール,龍神NIPPON,火の鳥NIPPON

バレーボール全日本代表(男女)の選手一覧と監督、世界ランキング [2020年度]

スポンサーリンク








↓シェアボタンはこちら↓