崇徳高校バレー部メンバーと身長や最高到達点や出身中学は?2021春高インターハイ広島代表

春高、春の高校バレー、バボちゃん
©sports-fan.net

春高バレー(全日本バレーボール高校選手権)やインターハイ(全国高等学校総合体育大会)の広島県代表の常連校、崇徳(そうとく)高校男子バレーボール部の選手、身長、最高到達点、出身校や進路情報をまとめています。

スポンサーリンク  

崇徳高校バレー部メンバー:身長や最高到達点や出身中学

崇徳高校バレー部:身長・出身中学・最高到達点【2021年8月インターハイメンバー】

氏名/学年/ポジション/身長/最高到達点/出身中
1/脇田孝太郎/2/OH/175/325/東原中
2/柿原大輝/3/MB/184/322/大成館中
3/堂中駿斗/3/S/OH/179/322/可部中
4/松本翔大/3/MB/196/320/城北中
5/岡野豊生/2/OH/180/318/栗原中
6/品川優斗/2/S/OH/174/310/可部中
7/髙倉脩吾/3/L/172/306/井口中
8/大石美颯/3/OH/174/305/城山北中
9/上清田蒔/3/OH/179/318/可部中
10/大内春翔/2/MB/181/315/亀山中
11/西蓮太朗/2/OH/177/305/井口中
12/大石達也/3/OH/179/318/城南中
13/江頭翔大/3/S/171/315/安西中
14/中本進/3/OH/174/305/湯来中

令和3年度・2021年8月インターハイ(全国高校総体):3回戦敗退

※出典:月刊バレーボール2021年8月号

スポンサーリンク



崇徳高校バレー部:身長・最高到達点・出身中学【2021年春高メンバー】

予想スタメン6人
氏名/学年/ポジション/利腕/身長/最高到達点
1/平田和聖/3/OH/右/181/323
2/森澤知弘/3/MB/右/185/325
3/黒川竜星/3/OH/S/右/180/330
4/岡野豊生/1/MB/右/180/322
5/脇田孝太郎/1/OH/右/177/325
6/堂中駿斗/2/OH/S/右/178/318
平均身長:180.1cm
平均最高到達点:323.8cm

参考記事
春高出場チームの平均身長比較

 氏名学年ポジ
ション
利腕身長
(cm)
最高到達
点(cm)
垂直
跳び
出身中学
1平田和聖3OH18132370城山北中
2森澤知弘3MB18532572亀山中
3黒川竜星3OH/S18033079磯松中
4岡野豊生1MB18032269栗原中
5脇田孝太郎1OH17732578東原中
6堂中駿斗2OH/S17831873可部中
7髙倉脩吾2L17329560井口中
8安達省斗3RS17331377大柿中
9柿原大輝2MB18331859大成館中
10松岡隼汰3OH18032075亀山中
11上清田蒔2OH17831569可部中
12松本翔大2MB19532054城北中
13品川優斗1OH/S17430570可部中
14大石美颯2L17531065城山北中
15江頭翔大2S17430568安西中
16大石達矢2OH17831567城南中
17西蓮太朗1OH17530565井口中
18中本進2RS17330568湯来中
19川角謙信3RS17229267気高中
20住吉宏太3MB18331869井口中
21穗登原祐介3R16327956君田中
22松田佳大3R16829768崇徳中
23松川友人2RS16728858昭和中
24平河空2RS16028861向陽中
25加藤弘己1OH17528550城南中
26大内春翔1MB18030055亀山中
27石橋蓮1R16930062安佐南中
28惠良海心1S17230065安西中
29栗川心1OH17529560国泰寺中
30米田壮汰2M17027850安佐南中
※OHアウトサイドヒッター/OPオポジット
 MBミドルブロッカー/Sセッター
 Lリベロ/Rレシーバー
 RSリリーフサーバー/Mマネージャー
※データ出典:月刊バレーボールをもとに当サイト独自に集計と編集

 

崇徳高校のバレーボール選手の平均身長は180.1cm平均最高到達点は323.8cmです(※)。

(※)月刊バレーボールから各校へのアンケートによる2021年春高出場チームの予想スターティングメンバーにもとづく(リベロを除いた6名の平均)

スポンサーリンク

崇徳高等学校:学校情報

崇徳学園 崇徳高等学校
公式サイト
https://www.sotoku.ed.jp/

学校の所在地と地図

〒733-8511
広島県広島市西区楠木町4-15-13

崇徳高校バレー部の監督コーチ

監督:本多洋
出身高:崇徳高→東海大

コーチ:田村光

スポンサーリンク

崇徳高校出身のバレーボール選手:卒業生の例

合田心平(JT広島)、井上航(JT広島)、勝岡将斗(ウルフドッグス名古屋)、平田亮介(FC東京)、猫田勝敏(1960-70年代オリンピックメダリスト)ほか。

平田亮介(ひらたりょうすけ)

1995年生まれ。

大成館中→崇徳高→中央大→FC東京

平田選手からの応援メッセージ

猫田勝敏(ねこだ かつとし)

1972年ミュンヘンオリンピックの金メダリスト。バレーボール界の伝説的セッター。

1964年に最年少で東京オリンピックに出場(銅メダル)。全日本チームの正セッターとして1968年メキシコオリンピックで銀メダル、1972年のミュンヘンオリンピック金メダルを獲得した。

引退後の1980年、日本バレーボール協会よりバレーボール栄誉選手賞を受賞。

VリーグのJTサンダーズ広島の前身、専売広島に所属。現役引退後は監督となったが39才という若さで他界。JTサンダーズ広島のホームタウンには「猫田勝敏記念館」がある。

スポンサーリンク

崇徳高校の関連情報

春高バレーの情報はこちらもどうぞ!

春の高校バレー,春高バレー2020年@武蔵野の森スポーツプラザ
春の高校バレー歴代優勝校ランキング
春の高校バレー,春高バレー2020年@武蔵野の森スポーツプラザ