春の高校バレー2023(春高第75回)高身長ランキング、個人やチーム平均も比較

2023年第75回の春の高校バレー(春高)に出場する男女選手の身長ランキング、学校別の平均身長を比較しています。

スポンサーリンク  

2023年(第75回)春高バレー:高身長ランキング【男子】

2023年(第75回)春高バレー:身長ランキング【男子個人別】

身長190cm以上の選手をリストアップしています。

氏名高校名学年ポジ
ション
身長
(cm)
最高到達
点(cm)
出身中学
麻野 堅斗東山23MB207342昇陽中
川野 史童東福岡33OH199337木花中
山下  彪松山工業13MB197343砥部中
小田 周平習志野33MB196338打瀬中
山下 央太東海大付相模132MB196325鶴巻中
中川 瑛介松阪工業43MB195325松阪西中
渡邊 太崇東北72MB195323古川南中
夏目 幸輝聖隷クリストファー52MB194325北浜東部中
秦 健太郎昇陽43OH193340昇陽中
平田 悠真鎮西13OP193335合志中
井戸  響松山工業23OH193334三島東中
佐藤 颯太東北33MB193331沖野中
山田祐輝東海大付札幌3OH193330神楽中
坂本アンディ世凪東北62OH193328雫石中
遠藤 暖季昌平141MB193320春日部東中
新井琉之介早稲田実業43OH192343熊谷東中
栗生澤駿史福井工大附福井23MB192335大塚中
木下 魁十東福岡23MB192331春日西中
成村 航希東海大付相模32MB192331公文国際学園中等部
荒谷 柊馬鎮西52MB192328日出中
北川 大智佐賀学園63OH192325武雄中
川野琢磨駿台学園81OH192324渕江中
村岡 蓮人県岐阜商33MB192323各務原中央中
中塚 康介東洋43MB191331荒川四中
永田 凜郎川内商工42OH191330川内中央中
吉田 渓佑昌平62MB191330春里中
秋本悠月駿台学園142MB191330サレジオ中
富田 恭平松阪工業142MB191313松阪東部中
北村  羚県岐阜商62MB191310美山中
ローゼンマーク
有廉ジュニア
土浦日大92MB190343滑川中
新居 良太開智23MB190336昇陽中
笹本  穏愛知工大名電73OH190332高豊中
佐藤遥斗駿台学園3OH190332下山中
兎沢 阿季東洋13OH/OP190331大森二中
小松 陽輝日本航空72OH190330富士宮四中
若井 優人山形中央122OP190330長井北中
鳴海 魁馬弘前工業3OH190328津軽中
吉田 怜真市立尼崎73OP190325豊中十四中
杉田 真滉松阪工業33OP190323朝明中
綱崎 律樹昇陽23MB190320摂津四中
溝口 雄大習志野43OP/MB190320湖北台中
安田 凰佑愛知工大名電122MB190316竜海中
小松優陽日本航空202MB190315富士宮四中
※データ出典:月刊バレーボールをもとに当サイト独自に集計と編集

 

2023年第75回「春の高校バレー」に出場する男子選手で、身長190cm以上の選手は42名。

2022年(第74回)春高で190cm以上の選手は42名、2021年第73回大会は50名、2020年第72回大会は46名でしたので、ほぼ例年水準の人数です。

2023年大会の最長身は東山高校(京都)の麻野堅斗選手で身長207cm。

麻野選手は2022年度に日本代表登録選手(最上級シニアクラス)にも選ばれた注目選手です。

参考記事)
2022年度男子日本代表メンバー

2023年第75回春高バレー
最高到達点ランキング▽

スポンサーリンク



2023年(第75回)春高バレー:身長ランキング【男子チーム平均】

予想スタメン6名(※)の平均身長ランキングは以下です。

(※)月刊バレーボール掲載の予想データ

学校名都道府県身長最高到達点
駿台学園東京都①186.33325.33
県立岐阜商岐阜186319.67
東山京都185.33327
松阪工三重185.17318.5
習志野千葉県184.83321.5
鎮西熊本184.33331
弘前工青森県184.33323.5
近江滋賀184.17330.5
聖隷クリストファー静岡183.83319.83
東北宮城県183.67326.5
東福岡福岡183.67324.67
雄物川秋田県183.67315
東海大付相模神奈川県183.5321.33
高川学園山口183.17326.33
都城工業宮崎183327
昌平埼玉県182.5323.33
慶應義塾神奈川県182.33320.83
愛知工大名電愛知182.33317.33
松本国際長野182325.33
足利大附栃木県182322.5
松山工愛媛182322.17
土浦日大茨城181.83322.83
福井工大附福井福井181.83322.5
東洋東京都②181.67323.33
佐賀学園佐賀181.67316.67
東海大付札幌北海道181.5322.33
山形中央山形県181.5318.83
市立尼崎兵庫181.5317.17
岡山東商岡山181.33325.5
日本航空山梨181.33306.67
開智和歌山181326.67
早稲田実東京都②181321.33
大村工長崎181320.83
清風大阪180.83321.33
崇徳広島180.67320
昇陽大阪180.5323.33
一関修紅岩手県180.17322.17
川内商工鹿児島180.17321.5
松江工島根180.17318.33
高岡一富山179.33317.5
西原沖縄179.17321.67
桐生市商群馬県179318
高知高知178.83316.67
上越総合技術新潟178.17318.33
大分工業大分177.67320
城東徳島177.67316.33
鳥取中央育英鳥取175.83318
小松大谷石川175.67318.33
とわの森三愛北海道175.67316.67
坂出工香川①175.67309.67
天理奈良175.5310
相馬福島県173318.33
※データ出典:月刊バレーボールをもとに当サイト独自に集計と編集
※月間バレーボール掲載の予想スタメン6名の平均値(小数点以下第二位切り捨て)
※見出しの▲▼ボタンで高い順、低い順の並べ替えができます。

 

2023年第75回「春の高校バレー」男子出場校の予想スタメン6名(※)の平均身長は約181.13cm(リベロを除く6名)。

(※)月刊バレーボール掲載の予想データ

例年、平均身長の高低に限らず、最高到達点が330cmを超える高い選手が多い高校は上位入賞している傾向があります。

一方で、前回2022年大会では春高選手の中では平均的な身長(181cm)、平均的な最高到達点(320.6cm)の日本航空高校(山梨)が優勝しています。

日本航空高校は拾って繋ぐ守備の良さが際立っており、かつコンビネーションを活かした攻撃を含む総合力が素晴らしいチームでした。

2023年第75回春高バレー
出場校一覧▽

2023年春高/第75回春の高校バレー東京体育館バボちゃん

スポンサーリンク

2023年(第75回)春高バレー:高身長ランキング【女子】

2023年(第75回)春高バレー:身長ランキング【女子個人別】

身長177cm以上の選手をリストアップしています。

氏名高校名学年ポジ
ション
身長
(cm)
最高到達
点(cm)
出身中学
タピア・アロンドラ古川学園23MB196325ドミニカ共和国
飯山エミリ東九州龍谷3MB185309吉野東中
インディグウェ
シンディ千想夢
八王子実践102MB184305東林中
秋本 美空共栄学園 2 1OH/MB等183301共栄学園中
瀧澤 凜乃八王子実践43OH183300八王子実践中
伊藤 晴香就実141MB183288河北中
井上未唯奈金蘭会62MB182301翔凜中
北窓 絢音誠英3MB/OP182300松江三中
岡部 詩音東九州龍谷32OP181300鳥栖西中
渡邉実羽香静岡富士見22OH181291由比中
山本 陽誉京都橘113MB181288旭中
中野 凛東九州龍谷43MB180296都城西中
本田 凛和古川学園42MB180295錦中
中田 愛那細田学園33MB180295石神井西中
木下 結稀氷上32MB180295太子西中
川嶋 琉姫札幌山の手72MB180290沼田中
佐藤 にじ郡山女大附101MB180288高瀬中
池田 早希佐賀学園32MB180288西有田中
山田帆乃香札幌山の手141MB180286星置中
滝沢 美岬日本航空53MB180283修徳中
成瀬ももか八王子実践3MB179296八王子実践中
加藤 明東九州龍谷13MB179291香川一中
岡田 愛菜就実93MB178301就実中
扇谷 葵衣金蘭会32MB178290金蘭会中
忠願寺風來東九州龍谷111MB178290稙田南中
浅利 麻央郡山女大附72MB178289相武台中
石倉  想京都橘32OH178285二見中
原嶋 睦夢熊本信愛女学院23MB177307長嶺中
野田 祐希八王子実践23MB177302八王子実践中
西村 美波金蘭会11OH177295金蘭会中
福村心優美就実41OH177295栄進中
北川 美桜松山東雲71MB177295松山東雲中
山上  遥進徳女112MB177294松賀中
加甲千沙希熊本信愛女学院33OH177291八代四中
前田 蒼空熊本信愛女学院53MB177291出水南中
生井澤美海華日本ウェルネス3OH177290大野中
菊池 春帆三浦学苑33MB177290洋光台一中
押川 優衣就実111OH177288丸亀東中
嶋田 莉子熊本信愛女学院131MB177285帯山中
前川 美菜奈良女23MB177278田原中
高階 百音旭川実131MB177275浦河一中
※データ出典:月刊バレーボールをもとに当サイト独自に集計と編集

 

2023年第75回「春の高校バレー」に出場する女子選手で、身長177cm以上の選手は42名。

2022年(第74回)春高で177cm以上の選手は50名、2021年第73回大会は36名、2020年第72回大会は36名でしたので、ほぼ例年水準の人数です。

2023年大会の最長身は古川学園(宮城県)のタピア・アロンドラ選手で身長196cm。

タピア・アロンドラ選手は2022年(第74回)、2021年第73回大会に引き続いて3大会連続での長身№1です。

2023年第75回春高バレー
最高到達点ランキング▽

スポンサーリンク



2023年(第75回)春高バレー:身長ランキング【女子チーム平均】

予想スタメン6名(※)の平均身長ランキングは以下です。

(※)月刊バレーボール掲載の予想データ

学校名都道府県身長最高到達点
古川学園宮城175.33296.17
八王子実践東京②175289.67
東九州龍谷大分174.67289.67
熊本信愛女学院熊本174286
金蘭会大阪①173.5289.5
誠英山口172.5290.83
氷上兵庫172290.83
三重三重171.5286.17
敬愛学園千葉171.5285.17
日本航空山梨171.5281.17
京都橘京都171.33282.5
就実岡山171286.5
旭川実北海道①171284.17
福岡工大附城東福岡170.67280.5
首里沖縄170.5281.67
進徳女広島170.3285.83
文教女学院大東京②170.17282.33
米沢中央山形170280
札幌山の手北海道①169.83280.5
高岡商富山169.83277.17
日本ウェルネス茨城169.67281.5
松山東雲愛媛169.5284.5
共栄学園東京③169.33281
郡山女大附福島169277.83
細田学園埼玉168.83284.17
秋田令和秋田168.83278.17
東京都市大塩尻長野168.67285.5
明徳義塾高知168.67276.17
鹿児島実業鹿児島168.5280.83
静岡県富士見静岡168274.33
岐阜一岐阜168273.83
佐賀学園佐賀167.83276.67
三浦学苑神奈川①167.83275.83
金沢商石川167.83273.67
開智和歌山167.67283.5
新潟中央新潟167.67281.5
高松南香川167.67277
九州文化学園長崎167.33283.17
奈良女奈良167.33277
青森西青森167.17271
宇都宮中央栃木167271
宮崎日大宮崎166.83282
城南大阪②166.83274.5
盛岡誠桜岩手166.5272.17
西邑楽群馬166.17279.17
豊川愛知165.83274
近江兄弟社滋賀165.83266
安来島根165.67281
富岡東徳島①165.33274.17
福井工大附福井福井165.33271.33
横浜隼人神奈川②164.5269.33
岩美鳥取163.67277.67
※データ出典:月刊バレーボールをもとに当サイト独自に集計と編集
※月間バレーボール掲載の予想スタメン6名の平均値(小数点以下第二位切り捨て)
※見出しの▲▼ボタンで高い順、低い順の並べ替えができます。

 

2023年第75回「春の高校バレー」男子出場校の予想スタメン6名(※)の平均身長は約169.06cm(リベロを除く6名)。

(※)月刊バレーボール掲載の予想データ

全体として、身長の高いチームが上位に入っている傾向はありますが、「ひろってつなぐバレー」でラリーが長めに続くのが女子。

男子以上に守備や粘り強さが勝敗に大きな要因を占めると言えます。

たとえば、2020年第72回春高で優勝した東九州龍谷高校(大分)の平均身長は170cmでした。

2023年第75回春高バレー
出場校一覧▽

2023年春高/第75回春の高校バレー東京体育館バボちゃん

スポンサーリンク

2023年(第75回)春高:男子高身長の選手№1は?

1位:麻野堅斗(東山) 身長207cm

背番号2/3年/MB/最高到達点342cm

今大会最も期待されている選手の一人。

長身の利点に加え、クイック攻撃のバリエーションが増え、打ち方の技術も上がってきている点に注目。

所属チームの情報はこちら▽

2023年春高/春の高校バレー東山高校

スポンサーリンク



2位:川野史童(東福岡) 身長199cm

背番号3/3年/OH/最高到達点337cm

2019年度全日本中学生選抜。

強豪の東福岡高校で1年の時からレギュラーメンバーとして出場。今大会はチームの大黒柱としての活躍に注目。

所属チームの情報はこちら▽

画像引用元(c)東福岡高校公式サイト

スポンサーリンク



3位:山下彪(松山工業) 身長197cm

やました ひょう
背番号1/3年/MB/最高到達点343cm

©JVA公式サイト

 

2022年度U18日本代表。

身長197㎝の高さと機動力のあるを生かしたセンター攻撃に注目。チーム内での存在感がひときわ高い。

最高到達点の高さ(343cm)は今大会で№1。

所属チームの情報はこちら▽

春高、春の高校バレー、バボちゃん

山下彪選手のプレーはこちら
sportsbull.jp

スポンサーリンク

2023年(第75回)春高:女子高身長の選手№1は?

1位:タピア・アロンドラ(古川学園) 身長196cm

背番号2/2年/MB/最高到達点325cm
(ドミニカ共和国出身で古川学園にバレー留学)

前回2022年大会よりも最高到達点が10cm上がり、長身に加えて、生来の身体能力の高さも際立ってきている。

女子で196cmという高さは世界トップの女子ナショナルチームクラス。

ブロックの上から打たれることも多い。

参考記事)
オリンピック出場女子バレー選手の身長

所属チームの情報はこちら▽

2023年春高/春の高校バレー古川学園高校

スポンサーリンク



2位:飯山エミリ(東九州龍谷) 身長185cm

背番号2/3年/MB/最高到達点309cm

2022年大会は主力選手として出場したが、上位入賞できずに悔しい思いをした。

昨年よりも最高到達点が10cm近く上がり滞空時間が長くなったため、コースの打ち分け技術やボールさばきの引き出しも増えている。

最高到達点309cmは女子日本代表クラスでもトップレベルの高さ。

参考記事)
2022年度女子日本代表選手の最高到達点

所属チームの情報はこちら▽

春高バレー女子,東九州龍谷高校/大分代表

スポンサーリンク



3位:インディグウェ・シンディ千想夢(八王子実践) 身長184cm

インディグウェ  シンディちそむ
背番号10/2年/MB/最高到達点305cm

©JVA公式サイト

 

U18(ユース)日本代表選手。

2022年アジアU18女子選手権で優勝するなど、高い実績を残している。

八王子実践は選手層が厚く、チーム内でのスタメン争いが激しいが、そのポテンシャルは今後、シニア日本代表入りも期待される逸材。

所属チームの情報はこちら▽

スポンサーリンク

他の開催年:春高バレー身長・最高到達点ランキング

2023年第75回
春高バレー
高身長
ランキング
最高到達点
ランキング
2022年第74回
春高バレー
高身長
ランキング
最高到達点
ランキング
2021年第73回
春高バレー
高身長
ランキング
最高到達点
ランキング
2020年第72回
春高バレー
高身長
ランキング
最高到達点
ランキング

歴代優勝校、過去大会の春高メンバー、春高選手の進路などはこちら

2023年春高/第75回春の高校バレー東京体育館バボちゃん