福井工大福井高校バレー部メンバーと身長や最高到達点や出身中学は?春高インターハイ福井代表

画像引用元©福井工大福井高校公式サイト

春高バレー(全日本バレーボール高校選手権)やインターハイ(全国高等学校総合体育大会)の福井県代表の強豪校、福井工大附福井高校・男子バレーボール部のメンバー、身長、最高到達点、出身校や進路情報をまとめています。

スポンサーリンク  

福井工大福井バレー部メンバー:身長や最高到達点や出身中学

福井工大福井高校バレー部:身長・最高到達点・出身中学【春高バレー2022メンバー第74回】

2022年春高出場が確定後、更新予定

福井工大福井高校バレー部:身長・出身中学・最高到達点【2021年インターハイメンバー】

氏名/学年/ポジション/身長/最高到達点/出身中
1.国京大海 3 S 184 320 至民中
2.小竹飛斗 3 OP 180 320 鯖江中
3.酒井優誠 3 MB 182 325 三国中
4.畑虎太郎 3 OH 186 341 越前中
5.宮腰将太朗 3 MB 182 320 三国中
6.栗生澤駿史 2 MB 191 335 大塚中
7.泉田丈琉 2 OH 182 322 至民中
8.谷口暖宗 2 OH 185 323 南越中
9.山﨑琉生 3 OH 180 318 足羽中
10.堤凰惺 1 OH 185 320 鯖江中
11.丸山京祐 2 S 173 307 至民中
12.伊藤柊 1 L 170 290 丸岡中
13.高橋英暉 3 RS 174 295 山代中
14.吉村乙輝 3 L 180 307 鯖江中

予想スタメン6人(※)
氏名/学年/ポジション/身長/最高到達点
1.国京大海 3年 S 184 320
2.小竹飛斗 3年 OP 180 320
3.酒井優誠 3年 MB 182 325
4.畑虎太郎 3年 OH 186 341
5.宮腰将太朗 3年 MB 182 320
7.泉田丈琉 2年 OH 182 322
平均身長:182.67cm
平均最高到達点:324.67cm

(※)月刊バレーボールに掲載された予想データに基づく(リベロを除く)

令和3年度・2021年8月インターハイ(全国高校総体):ベスト8

スポンサーリンク



福井工大福井高校バレー部:身長・最高到達点・出身中学【春高バレー2021メンバー第73回】

 氏名学年ポジ
ション
利腕身長
(cm)
最高到達
点(cm)
出身中学
1林雅裕3OH182330鯖江中
2山田陽平3OP176325足羽中
3漆崎敬史3MB187320足羽中
4畑虎太郎2OH186342越前中
5三谷浩太郎3S173310鯖江中
6吉田武弘3OH177315南越中
7酒井優誠2MB182325三国中
8国京大海2S184315至民中
9小竹飛斗2OP180320鯖江中
10宮腰将太朗2MB181320三国中
11永田来3L175305武生二中
12木部健斗1L168305三国中
13栗生澤駿史1MB190335大塚中
14玉井誠也3OH176320福井工大附福井中
15鈴木聖也3R/M175305松陵中
16島津亨青3OH184320上中中
17泉田丈琉1OH182310至民中
18谷口暖宗1OH186320南越中
19土田笑顔3OH/M176331成和中
20山崎琉生2OP180315足羽中
21面谷健史郎2L170303丸岡中
22高橋英暉2R173305山代中
23保出晃太郎1OP173314三国中
24吉村乙輝1S180305鯖江中
25松浦凌1MB189320春江中
26丸山京祐1S172305至民中
※OHアウトサイドヒッター/OPオポジット
 MBミドルブロッカー/Sセッター
 Lリベロ/Rレシーバー
 RSリリーフサーバー/Mマネージャー
※データ出典:月刊バレーボールをもとに当サイト独自に集計と編集

 

予想スタメン6人
※氏名/学年/ポジション/利腕/身長/最高到達点
1/林雅裕/3/OH/右/182/330
2/山田陽平/3/OP/右/176/325
3/漆崎敬史/3/MB/右/187/320
4/畑虎太郎/2/OH/右/186/342
5/三谷浩太郎/3/S/右/173/310
7/酒井優誠/2/MB/右/182/325
平均身長:181.0cm
平均最高到達点:325.3cm

福井工業大学附属福井高校(福井工大附福井)のバレーボール選手の平均身長は181.0cm平均最高到達点は325.3cmです(※)。

(※)月刊バレーボールに掲載された上記予想スターティングメンバー6名の平均データ(リベロを除く)。

平均身長は男子の2021年第73回春高出場チーム全国52校の中で平均的ですが、最高到達点は身長に比して高めです。

ジャンプ力のある選手が多いとも言えます。

福井工大福井には中学時代に都道府県対抗の全国大会(JOC杯)で優勝したメンバーが多く在籍。

攻撃の中心はキャプテン林雅裕選手(身長182cm/最高到達点330cm)と畑虎太郎選手(186cm/最高到達点342cm)の両エース。

畑選手の最高到達点は日本代表級の高さ。長い滞空時間から繰り出されるバックアタックに注目です。

スポンサーリンク

福井工大附属福井高校バレーボール部

福井工大附福井:男子バレー部の監督コーチ

監督:西田靖宏
出身校:福井工大付福井高→筑波大

コーチ:寺島美徳

福井工業大学附属福井高校の場所

学校法人金井学園
福井工業大学附属福井高等学校
〒910-8505
福井県福井市学園3丁目6-1

スポンサーリンク

福井工大附福井高校バレーボール部出身の選手や卒業生の例

荻野正二(サントリー元監督、元日本代表オリンピック選手)、清水邦弘(パナソニック)、高橋結人(サントリー)などのビッグ選手がいます。

清水邦弘(パナソニックパンサーズ/日本代表)

現在の日本バレーボール界のトップ選手の一人。

福井市出身(上宇坂小(上宇坂スポーツ少年団)→美山中→福井工大福井高→東海大)。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kunihiro Shimizu(@gorikuni0811)がシェアした投稿

荻野正二(サントリー元監督、元日本代表オリンピック選手)

1987年度卒。中学時代は野球部に所属していたが、福井工大福井高校にスカウトされバレーを始めた選手。

当時の堀豊監督の方針は「息の長い選手になって欲しい」でエースだが、守備力も徹底的に鍛え上げられた。

堀監督時代からの育成方針が実を結び、1980~90年代にかけて最も長く日本代表選手としてプレーした一人(1992年バルセロナ五輪、2004年アテネ五輪、2008年北京五輪で選抜選手)。

スポンサーリンク

福井工大附福井高校のバレーボール関連情報

春高バレーの情報はこちらもどうぞ!

春の高校バレー,春高バレー2020年@武蔵野の森スポーツプラザ
春の高校バレー歴代優勝校ランキング
春の高校バレー,春高バレー2020年@武蔵野の森スポーツプラザ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA