石川祐希の中学・高校・大学、イタリアでの活躍、家族など、プロフィールまとめ!

龍神NIPPON、全日本男子代表バレーボールの中で最も人気が高く、かっこいいイケメン選手の一人、石川祐希(ゆうき)さん。

ルックスだけでなく、誰もが認める実力を兼ねそろえたスーパープレーヤーで、2020年の東京オリンピックでの活躍も楽しみですね。

石川祐希選手のこれまでの歩みやプレー、凄すぎる家族などをご紹介します!!


石川祐希の出身地・身長・体重・生年月日・血液型・最高到達点

選手名 石川 祐希(いしかわ ゆうき)
ニックネーム ユウキ、ゆうちゃん. ゆうちゃん
生年月日 1995年12月11日
出身地 愛知県岡崎市
身長 192cm
体重 84kg
血液型 AB型
ポジション アウトサイドヒッター、ウイングスパイカー
最高到達点 スパイクジャンプ:351cm
最高到達点 ブロックジャンプ:330cm

身長192cmの身長はかなり高いですが、石川選手本人は「世界で戦うにはあと7~8cmくらい背がほしかった(高ければよかった)」とインタビューで話していました。

これは実際にプレーしているときに石川選手が体感している身長差だと思いますが、外国のバレー選手は日本人よりも全体的に背が高く、そのように感じるも当然かもしれません。

データとしても、日本の代表チームの平均身長は190cm前後ですが、石川選手が所属するイタリアのナショナルチームや他の外国の代表チームの平均身長は197cm前後あります。


石川祐希の出身中学・高校・大学は?バレー経歴や成績は?

石川選手お姉さんの影響で小学校4年生のときにバレーボールをはじめました。

小学校:矢作南小学校、バレーボールが盛んな地域で育つ

愛知県の岡崎市立矢作南(はやぎみなみ)小学校です。愛知県の東、三河地方はジュニア・アスリートの育成に熱心に取り組んでいる地域。

バレーボールも盛んで小学校のクラブチームもあり、矢作南小のバレーボール部は全国有数の強豪チームでした。

6年生のときの石川選手の身長は157cm、中学入学時点で160cm。

同学年の平均身長よりは少し高めですが、バレーボール選手としては決して身長が高いというわけではありませんでしたね。

出典:https://ch-mics.jp/introduction/detail.php?s

中学:矢作中学校時代:努力を続け、上手くなっていった日々

その後、石川選手が入学したのが岡崎市立矢作(やはぎ)中学校。

バレーボールをする上で、身長の高さはかなり重要です。

背の高い選手が集まるチームとの対戦となると、思うようにスパイクを決められない日々が続いたそうです。

それでも、スパイクのフォームを修正したり、コースを打ち分けられる練習をしたり、さらにレシーブ力も向上するよう、ひたすら努力を重ねたそうです。

ひたむきさや負けず嫌いが、石川選手の持って生まれた運動神経やバレーセンスがさらに磨かれるきっかけとなったのでしょうね。

岡崎市立矢作中学校
岡崎市立矢作中学校

しかし、身長も中学2年生のときには約172cm、3年生になることには181cmを超えチームのエースとなってゆきました。

中学3年で180cm以上といえば、各校のエース級選手という存在感です。

石川祐希選手は中学3年生のときに全国大会で3位になりました。

その後、愛知県選抜のキャプテンとしてJOC ジュニアオリンピックカップに出場。

そこでも愛知県選抜チームを準優勝に導くとともに、大会の優秀選手に選出されました。

下の動画は、JOC ジュニアオリンピックカップの決勝戦。石川選手率いる愛知選抜チームが東京選抜と戦ったときの貴重な映像です。

紺色のユニフォームの愛知県選抜、背番号4が石川選手。

高校時代と比べるとジャンプした後の滞空時間(ジャンプ力)は若干少なめですが、持ち前のしなやかさで大物になる予兆を感じさせています。

高校:星城高校で2年連続「高校三冠」を達成!!!

石川祐希選手のバレーセンスが開花したのは高校時代と言えます。

高校は愛知県豊明市の私立星城高等学校。スポーツが盛んでインターハイや国体などに数多く出場している高校です。

星城高校の校訓「 継続は力なり」だそうです。

才能(天賦のセンスや運動神経)を持ちながら、ひたむきな努力家でもある石川祐希さんにぴったり!ですね。

石川祐希選手がいた時代の星城高校のバレー部の成績はすごいものでした。

2012年、2013年と2年連続での「高校三冠(インターハイ、国体、春高)」を達成!!したのです。

この2年連続というのは、日本の高校バレー史上初。

石川祐希さんは高校1年の頃からスタメンに入り、活躍していました。

まだ、体が細くて、パワーアタッカーというより、しなやかさや高さが際立ちます。

のびやかで、柔軟性とキレのあるスイングで、スパイクがどんどん決まります。

下の動画は高校時代の石川選手のハイライト動画です。すでにかなりの大物選手。

大学:中央大学でも伝説を作る!

高校バレーで大活躍した石川選手は2014年4月に中央大学(法学部政治学科)に進学。

中央大学の法学部と言えば、早稲田や慶応大学と同じくらいの偏差値の難関私立大学の一つですが、近年バレーボールもとても強い大学です。

石川選手は中央大学のバレー部に入るとすぐにスタメンとなりました。

優勝に大きく貢献し、新人賞、会長特別賞、サーブ賞を受賞しています。

さらに2014~2016年まで、3年連続で全日本バレーボール大学男子選手権大会で優勝。

インカレ三連覇の達成後、4年生のときはチームの主将もつとめていました。

こちらは2016年、石川選手が3年のときのインカレの決勝戦の動画(YouTube)

対戦相手は強豪の東海大学。背番号10のジャンプサーブで三連続ポイントを取っているのが石川選手です。

大学1年のとき、イタリアでのバレー留学の経験を経て、世界で戦う中でパワーの重要性を認識した石川選手。

大学3年のときは以前よりも体太くなり、パワー(筋力)が増しています。。


石川祐希の所属チームは?イタリアのプロリーグでの活躍は?

石川祐希選手は大学在学中からイタリアのプロ・バレーボールリーグでバレー留学を行い、大学卒業後は、日本のVリーグではなくイタリアのプロチームと契約しました。

イタリアと言えば、バレーボールの世界ラインキングで例年ベスト5に入る強豪中の強豪です。

イタリアではサッカーに次ぐ人気のあるスポーツの一つ。バレーボールの「プロリーグ」があります。

石川選手ははじめてイタリアのチームに所属したのは大学1年のとき。

大学生がイタリアのリーグへ行くのは、日本人初でした。

石川祐希選手は、2019年現在、イタリアで4つ目のチームに所属しています。

パッラヴォーロ・モデナ(2014年12月 – 2015年3月)

パッラヴォーロ・モデナ(通称「モデナ」)は世界最高峰のプロバレーボールリーグの一つ、イタリアのセリエAのチームの一つ。

1966年に創設され、セリエA優勝10回、コッパイタリア優勝11回、欧州チャンピオンズリーグ優勝4回という強豪チーム。

特に1980年代から90年代にかけて多くのイタリア代表選手がモデナから出ていました。

出典:https://www.worldofvolley.com/

石川選手は2014年12月(中央大学1年)の全日本インカレ終了後、約3ヶ月の短期移籍でモデナに加入しましたが、スタメン出場できたのは15試合中の2試合のみ。

しかし石川選手は世界男子バレーボールの中でも強豪のイタリアで、日本との差を感じつつも、世界レベルは近いところにあることも感じたようです。

世界の壁に打ちひしがれるのでなく「世界最高峰リーグでも通用する、これならやれる!」って思ったところが、まさに石川選手のすごさですよね!

トップバレー・ラティーナ(2016年12月 – 2017年4月)

モデナから日本に戻ったのち、2016年の(大学3年)のシーズン終了後、石川選手は再び3か月間の短期バレー留学でイタリアのプロリーグ、セリアAへ。

トップバレー・ラティーナ(通称「ラティーナ」)に加入しました。

ラティーナは1972年に創設。2013年にはCEVカップ(欧州バレーボール連盟杯)で準優勝、2014年チャレンジカップで準優勝。調子を上げてきているチームです。

石川選手はその後一時帰国しますが、ラティーナに残留し、2018年の冬、再び、ラティーナに加わります。

この頃になると、石川選手はイタリアでの活躍に手ごたえを感じ始めていたようです。

自分のことでいうと、いろんな指示が(イタリア語で)だいぶ理解できるようになってきたので、プレーがしやすくなりましたね。こちらから何かを言おうとするときには言葉に詰まることもありますが、ある程度は伝えられるようになってきたので、そこは過去2回とは違うかなと思います。引用元:Sportiva

エマ・ヴィラズ・シエナ(イタリア語版)(2018年/2019年シーズン)

大学卒業後、石川祐希はセリエA-1部のエマ・ヴィラズ・シエナ(通称「シエナ」)に移籍。プロのバレーボール・プレーヤーとして最初のシーズンをむかえました。

石川選手はシーズン開幕戦のスタメンとして出場。チームの主力選手としてプロ1年目の初戦を終えました。

シエナでは全26試合にスタメン出場し、376得点をあげました!

はじめての海外移籍でのモデナ(三か月短期移籍)では、2試合で28得点ですので、シエナでは大活躍したことがわかりますよね。

エマ・ヴィラズ・シエナ 石川祐希
出典:https://www.emmavillasvolley.com

キオエネ・パドヴァ(2019年/2020年シーズン)

2019年のシーズンから所属しているチームがキオエネ・パドヴァ(パッラヴォーロ・パドヴァ、通称でパドヴァとも呼ばれる)。

パドヴァは1971年の創設以来、セリアA、コッパイタリア(イタリア杯・全イタリア選手権)ともに優勝経験のないチーム。

2009年に元全日本男子バレーの代表選手だった越川優選手が所属したチームです。

リーグの上位につけているチーム。石川選手の加入により、順位が上がっています!

イタリアのバレー、パドヴァはどんなチーム?場所?石川祐希選手の活躍は?

石川祐希のイタリアのバレー、パドヴァの試合日程スケジュール、会場や場所は?

さらに調子を上げてくるか楽しみですね。

パッラヴォーロ・パドヴァ 石川祐希
出典:https://www.padovagoal.it



石川祐希選手の両親・妹・姉などのご家族は?

石川祐希の父の幹尚(もとなり)さんは元陸上選手。母のみどりさんは元バスケットボール選手。

両親とも実業団に所属していたほど高いレベルでスポーツをしていたというスポーツ一家。

1歳年上に尚美さんという姉がいて、もとはお姉さんが所属していたバレーボール部を見学したことがバレーボールをはじめるきっかけになったとか。

5歳年下の妹、真佑(まゆ)さんもバレーボールのエリートコースを歩み、2019年には19歳という若さにして、全日本女子バレーボールの代表入りをしました。

石川真佑のバレー歴(中学・高校)、東レや全日本での活躍、インスタなど、プロフィールまとめ!

石川祐希のバレー愛用品、応援グッズ、インスタなど、まとめ!

当サイトは石川祐希さんを応援します!



カテゴリー

アーカイブ