女子バレーのユニフォーム比較:アシックス、ミズノ、デサント等(2020年春高バレー出場校)

バレーボールのユニフォーム。

どんなユニフォームが強そうに見えて、かっこいいい(かわいい)のでしょうか?

おすすめのデザインは?

ここでは2020年の春高バレー(春の高校バレー、高校バレー全国大会)に出場校の中からベスト16に入った学校、特徴的なデザインのユニフォームを集めてみました。

どの学校も地域でナンバー1に上り詰めた強豪校。思い入れが強く感じられるユニフォームです。

もしチームカスタムオーダーでオリジナルのユニフォームづくりを検討中なら、参考になるデザインや色も見つかるかもしれません。

ではご紹介します。

男子バレーのユニフォーム比較:アシックス、ミズノ、デサント等(2020年春高バレー出場校)

メーカー(ブランド)別:女子バレーのユニフォーム

メーカー(ブランド、スポーツ用品会社)は、アシックス(ASICS)、ミズノ(MIZUNO)、デサントDESCENTE)、アンダーアーマー、ファイテンの5社がありました。

圧倒的に多いのはアシックス(ASICS)、ミズノ(MIZUNO)。

次にデサントが続いています。

デザイン同様、地域によっても傾向があるようです。

たとえば、東北地方はアシックス製が多く、関西地方ではミズノが多いです。

これは地域や学校とスポーツ用品会社との結びつきの強さも関係しているのかもしれません。


アシックス

ミズノ

デサント

アンダーアーマー

ファイテン
メーカー 女子 男子(参考)
アシックス 24 23
ミズノ 23 17
デサント 4 11
アンダーアーマー 1 0
ファイテン 0 1



デザイン別:女子バレーのユニフォーム

シャージ(上シャツ)、パンツ(下)とも、スマフォやパソコンで好きなものを組み合わせてシミレーションできるセミオーダー、フルオーダーで、各チームともかなりかっこいい仕上がりです。

各チームとも2種類以上のユニフォームがあり、色やデザインは複数パターンあります。

以下の表はすべてを網羅したものではなく、メインのユニフォームでの参考数です。

スリーブ(袖)

ユニフォームは汗を吸う長袖が良いという考え方もありますが、女子、レディースの場合、「袖のないタイプ(スリーブレス)」が増えてきているようです。

近年の全日本代表女子も袖なしタイプです。

同じスリーブレスでも、襟の形や胴回りの絞り方がチームによって異なっています。

袖タイプ 女子 男子(参考)
半袖 31 52
スリーブレス 20 0
長袖 1 0

襟まわり

V型か丸型の襟無しユニフォームが多いようですが、複数もっているチームもあります。

(例えば、2018年、2019年優勝の金蘭会の襟の形はV型と丸型の2種類あります)

春の高校バレーに出場したすべてのユニフォームを見比べてみると、地域によって傾向が出ていたりするのが面白いです。

たとえば、男子では九州勢が襟付きユニフォームが多い。

地方大会で対戦したり、ユニフォームを作るときに身近なチームのを参考にすることが多いからかもしれませんね。

襟の形 女子 男子(参考)
V型 33 39
丸型 17 6
襟付き 2 7



優勝、準優勝、3位のチームの女子ユニフォーム

ベスト4にも入る強豪校となると、何を着ても強そうで、かっこよく見えます。

東九州龍谷(大分)【優勝校】:アシックス

東九州龍谷(大分)バレーボールユニフォーム

東九州龍谷は20年連続、35回の春高バレーに出場。

春高バレーの優勝回数も最多の8回(2008~12年は4連覇)。

現在日本代表で活躍中の鍋谷友理枝(デンソー)選手岩坂名奈(久光製薬)選手中川 美柚(久光製薬)選手などの出身高校。

2020年大会のキャプテン、荒木彩香選手の進路はVリーグの久光製薬へ決まっています。

胸には現在の学校名の東九州龍谷の通称「東龍」。

ユニフォームの背中側は以前の学校名の「扇城学園」。

東九州龍谷(大分)バレーボールユニフォーム

かつて扇城学園の時代に前人未踏の年間無敗を伝説があります。

その伝統を大切にしているのですね。

2020年の春高では、2018年、2019年に二連覇した大阪の金蘭会高校を準決勝で破り、優勝。

 

古川学園(宮城)【準優勝校】:アシックス

古川学園(宮城)バレーボールユニフォーム

15年連続、40回出場の東北の名門校。日本代表の田代 佳奈美(デンソー)選手の出身高校。

色違いの赤いユニフォームもシューズと合っていて、白同様にかっこいいです。

金蘭会(大阪)【3位】:ミズノ

金蘭会(大阪)バレーボールユニフォーム

9年連続9回目の春高出場。小池杏菜(日立)西川有喜(JT)林琴奈(JTマーヴェラス)水杉玲奈(東レ)などの出身校。

2018年、2019年に二連覇で、2020年も優勝候補と目されていた。

V字ネックもある。

写真は大会で最も注目されたアタッカーの一人、宮部愛芽世(あめぜ)選手。

高校生ながら、2019年秋のワールドカップで日本代表にも選ばれている将来有望な選手。

共栄学園(東京)【3位】:アシックス

共栄学園(東京)バレーボールユニフォーム

タレント、解説者として活躍する益子直美さんの出身校。春高24回出場の常連。

色違いの上下の組み合わせがかっこいい。さわやかで、おしゃれ。そして、強そう。

共栄学園(東京)バレーボールユニフォーム

前も後ろも共栄学園の校名は「KYOEI」というアルファベットで入れています。

共栄学園(東京)バレーボールユニフォーム

 



ベスト8に入ったチームの女子ユニフォーム

八王子実践(東京):ミズノ

八王子実践(東京)バレーボールユニフォーム

春高バレー出場42回の名門。緑色が伝統のカラー。

春高バレーの優勝回数は5回(2020年時点で第2位)

元日本代表の狩野舞子さん、解説者で活躍している大林素子さん、古くは銅メダルを獲得した1984年ロサンゼルスオリンピックの中心選手だった三屋裕子さんなどの出身高校。

誠英(山口):ミズノ

誠英バレーボールユニフォーム

山口県の女子バレーと言えば、誠英。30年連続出場、40回目

元日本代表の栗原恵さん、現役日本代表の奥村麻依選手(デンソー)選手の出身校です。

襟元の黒がアクセントになっていて、この襟元にこの形で黒地を入れるのは珍しいデザイン。

大阪国際滝井(大阪):ミズノ

大阪国際バレーボールユニフォーム

春高出場21回。難関の大阪代表。日本代表のセッター、宮下 遥(岡山シーガルズ)選手の出身校。

熊本信愛女(熊本):ミズノ

熊本信愛女バレーボールユニフォーム

春高出場32回。日本代表の古賀紗理那(NEC)選手の出身校。

ウェストのあたりが絞られていてスタイルが良く見えそうなユニフォーム。

キリスト教系の学校らしく、エンブレム(校章)には十字架と💛マーク。

古賀紗理那選手が春高に出場した頃とは違うデザインですが、エンブレムは引き継がれています。

和歌山信愛女学院(和歌山)バレーボールユニフォーム

上のユニフォームは和歌山信愛女学院(和歌山)。同じ系列の学校なので、エンブレムが共通。

シルエットや襟や袖のあたりも何となく熊本信愛女学院と似ています。

他でかっこいい、かわいい、特徴がある女子ユニフォーム

富山第一(富山):アシックス

富山第一バレーボールユニフォーム

春高出場は12回目。2020年はベスト16に入りました。お花のエンブレムが目立ちます。

バレーボールとお花って、あまり結びつきません。

だからこそ、お花のかわいらしさがアクセントになって、おしゃれに見えてくるのかも!

広島桜が丘(広島):アシックス

広島桜ケ丘バレーボールユニフォーム

春高出場は2回目。2020年はベスト16に入りました。

桜が丘という学校名に合わせた桜色。今大会の女子で唯一のピンク色。

横浜隼人(神奈川):ミズノ

横浜隼人(神奈川)バレーボールユニフォーム

春高は初出場。色使いやデザインが現代的で最近の感じ。

Vリーグで出てきそうな色柄で、良い意味で伝統にしばられていないイメージ。

京都橘(京都):アシックス

京都橘(京都)バレーボールユニフォーム

21年連続、23回目の春高出場。2020年はベスト16に入りました。

日本代表のリベロ、井上琴絵(デンソー)選手の出身校。

京都の伝統的な建物の赤を思い起させる、京都らしい雅(みやび)な感じ?

延岡学園(宮崎):アンダーアーマー

延岡学園バレーボールユニフォーム

延岡学園は宮崎県のスポーツ名門校。

春高出場は18回目。2020年はベスト16に入りました。

今大会唯一のアンダーアーマー(UNDERARMOUR)製。

アンダーアーマーはアメリカの会社ですが、過去10年くらいで急速に日本で人気が出ているスポーツウェア会社。

日本のプロ野球(読売ジャイアンツ)などでも採用されています。

就実(岡山):ミズノ

就実(岡山)バレーボールユニフォーム

岡山県の春高バレー出場の常連校。43回目。

シンプルですが、名門の伝統を引き継いだデザイン。なぜか強そうに見えてしまう。

奈良文化(奈良):ミズノ

奈良文化(奈良)バレーボールユニフォーム

春高バレー出場2回目。

襟と肩のラインがおしゃれ。英文字でNara Bunkaという刺繍もかっこよいです。

鹿児島女子(鹿児島):ミズノ

鹿児島女子バレーボールユニフォーム

春高バレー出場35回目の鹿児島県の名門。

襟元のファスナー、襟と周辺の色づかいやデザインがおしゃれで爽やか。そして強いそうに見えます。


汗は洗い流しても、汗をかいた日々は流れない

最後に。

このユニフォームですが、2020年1月、春高バレー直後、東京の新宿の地下プロムナードに実物展示された巨大広告の一部なんです。

花王という石鹸や洗剤などを作る会社の広告ですが、出場選手へのとても素敵な「贈る言葉」が書かれていました。

今年も春高バレーが終わりました。

みんなの汗に、日本中が泣きました。3年生にとっては最後の大会。

でも、最後の試合が終わった日は、新しい挑戦のゼロ日目。

高校バレーで培った体力と粘りがあれば、なんだってできる。

汗は洗い流しても、汗をかいた日々は流れない。

・・・つづく・・・(引用:アタックゼロ屋外広告)

「春高バレー」の部分の言葉を、他の言葉に置きかえてみて下さい。

「汗は洗い流しても、汗をかいた日々は流れない・・・」は、きっと、その言葉にも当てはまるのじゃないかと思います。

春高バレーの最後の試合で着たユニフォームを預かり、「キレイに洗濯して、引退する3年生にユニフォームを額縁に入れて贈る」のだそう。

春高バレーは、バレーボールをする学生なら一度は必ず夢見るといってよい憧れの舞台。

もらう選手側としては、とても嬉しいですよね。一生の思い出になります。

ちなみに、アタックゼロの宣伝をすることが目的ではありません。が、ウチもこの洗剤を使っています。

特にレバータイプの液体洗剤ものは、霧吹きのようにとってを引くだけで洗剤の必要量が出てくるので、使うのが簡単。

毎回キャップ開けて、必要量を測って入れなくてよいので楽です。

面倒くさがりの私にはピッタリです。




\よかったらシェアしてね!/