石川祐希(バレー)イタリアのミラノへ移籍、過去の在籍、個人成績や順位は?

©POWERVOLLEY Milano

龍神NIPPON、全日本男子代表バレーボールのエース、石川祐希選手。

現在、世界最高峰のバレーボールリーグ、イタリアのセリエAで活躍中です。

この記事では石川選手のイタリアのバレーリーグでの歩み、契約チームなどをまとめています。

2020-2021年シーズンの所属クラブ
6月10日、イタリアのセリエAの強豪チーム、パワーバレー・ミラノへの移籍が発表されました。詳しくは以下「2020年-2021年シーズンはミラノへ移籍」で記載

 

石川祐希が所属したイタリアのチーム

石川祐希選手は大学1年生の時にイタリアのプロ・バレーボールリーグへバレー留学。

イタリアと言えば、バレーボールの世界ラインキングで例年ベスト5に入る強豪中の強豪

大学生がイタリアのプロ・バレーボールへ行くのは、日本人初でした。

大学卒業後は、日本のVリーグではなくイタリアのプロチームと契約。

石川祐希選手は、2019-2020年シーズン時点では、イタリアで4つ目のチーム「パドヴァ」に所属しています。

2014ー15年:パッラヴォーロ・モデナ

2014年12月~2015年3月のシーズンに所属したのは、パッラヴォーロ・モデナ(通称:モデナ)。

モデナはセリエAの中でも最強チームの一つ。

1966年に創設され、セリエA優勝10回、コッパイタリア優勝11回、欧州チャンピオンズリーグで4回優勝してます。

特に1980年代から90年代にかけて多くのイタリア代表選手がモデナから出ていました。

出典:https://www.worldofvolley.com/

石川選手は2014年12月(中央大学1年)の全日本インカレ終了後、約3ヶ月の短期移籍でモデナに加入しましたが、スタメン出場できたのは15試合中の2試合のみ。

しかし石川選手は世界男子バレーボールの中でも強豪のイタリアで、日本との差を感じつつも、世界レベルは近いところにあることも感じたようです。

世界の壁に打ちひしがれるのでなく「世界最高峰リーグでも通用する、これならやれる!」って思ったところが、まさに石川選手のすごさですよね!

スポンサーリンク

2016ー17年:トップバレー・ラティーナ(チステルナ)

モデナから日本に戻ったのち、2016年の(大学3年)のシーズン終了後、石川選手は再び3か月間の短期バレー留学でイタリアのプロリーグ、セリアAへ。

2016年12月~2015年4月のシーズンに所属したのは、トップバレー・ラティーナ(通称:ラティーナとかチステルナ)。

ラティーナは1972年に創設。2013年にはCEVカップ(欧州バレーボール連盟杯)で準優勝、2014年チャレンジカップで準優勝。調子を上げてきているチームです。

石川選手はその後一時帰国しますが、ラティーナに残留し、2018年の冬、再び、ラティーナに加わります。

この頃になると、石川選手はイタリアでの活躍に手ごたえを感じ始めていたようです。

自分のことでいうと、いろんな指示が(イタリア語で)だいぶ理解できるようになってきたので、プレーがしやすくなりましたね。こちらから何かを言おうとするときには言葉に詰まることもありますが、ある程度は伝えられるようになってきたので、そこは過去2回とは違うかなと思います。引用元:Sportiva

スポンサーリンク

2018年-19年:エマ・ヴィラズ・シエナ

大学卒業後、石川祐希はセリエA-1部のエマ・ヴィラズ・シエナ(通称:シエナ)に移籍。

プロのバレーボール・プレーヤーとして最初のシーズンをむかえました。

石川選手はシーズン開幕戦のスタメンとして出場。チームの主力選手としてプロ1年目の初戦を終えました。

シエナでは全26試合にスタメン出場し、376得点をあげました!

はじめての海外移籍でのモデナ(三か月短期移籍)では、2試合で28得点ですので、シエナでは大活躍したことがわかりますよね。

エマ・ヴィラズ・シエナ 石川祐希
出典:https://www.emmavillasvolley.com
スポンサーリンク

2019年-20年:キオエネ・パドヴァ

2019年のシーズンから所属しているチームがキオエネ・パドヴァ(通称:パドヴァ)。

パドヴァは1971年の創設以来、セリアA、コッパイタリア(イタリア杯・全イタリア選手権)ともに優勝経験のないチーム。

2009年に元全日本男子バレーの代表選手だった越川優選手が所属したチームです。

リーグの上位につけているチーム。石川選手の加入により、さらに順位が上がってきています!

2020年に入ってからも、パドヴァはプレーオフに進出ができる順位につけていましたが、2月以降の新型コロナウィルスの感染拡大のため、シーズンが途中で中止となり、パドヴァはその時点の7位で2019-20年シーズンは終わりました。

パッラヴォーロ・パドヴァ 石川祐希
出典:https://www.padovagoal.it

2020年-21年:石川祐希選手はパワーバレーミラノへ移籍

©POWERVOLLEY Milano

2020年6月10日、イタリアのバレーボールリーグ「セリエA」の強豪チームであるミラノ(Allianz Powervolley Milano)が石川祐希選手が2020年10月-2021年3月シーズンにミラノへ加入することを正式に発表しました。

ミラノは4月下旬から石川祐希選手にオファーを出していたことを明らかにしていました。

石川祐希選手は6月11日の記者会見で、ご自身の言葉でミラノへの移籍を報告し、移籍の理由や抱負を語りました。

その時の様子が石川選手のインスタでIGTV動画で残されています。

ミラノは、2017年、18年にプレーオフに進出したチームの一つ。ミラノの2019-20年シーズンの順位は13チーム中の5位(2019年も7位のパドヴァより上の順位)。

2019-20年シーズンのミラノはイタリア代表のマッテオ・ピアノビック選手ら、世界のトップ選手が在籍しているチームです。

Allianz Powervolley Milano公式サイトはこちら

ミラノのチームメンバー表はこちら(セリエAサイト)

背番号はミラノでも14番とのこと。

パワーバレーミラノでの活躍が楽しみです!!

スポンサーリンク

石川祐希選手の紹介ページとパフォーマンス

石川祐希選手の紹介ページ

石川選手のプロフィールは、セリエAの公式サイトとキオエネパドヴァの公式サイトの2つで見ることができます。

両方とも外国語での掲載ですが、写真や生年月日、身長などを一覧表形式で見るならセリエAのサイト。

石川選手を大きい写真で見るならパドヴァの公式サイトがおすすめです。

それぞれ石川祐希選手のところをクリックすると、石川選手個人のページが立ち上がります。

セリエAのサイトではさらに選手個人ページの「Stats(スタッツ)」からそのシーズンや過去のシーズンの成績を見ることができます。

個人のランキング:2019-2020シーズン途中

セリエAの公式サイトでは選手個人のパフォーマンスがポイント数で評価されています。

セリエA1の13チームのうち、各チームに20名くらいの選手登録があるとして、在籍選手は軽く200名以上。

その中で、今シーズン、ラウンド13(2019年12月)終了時点で、石川祐希選手のパフォーマンスは堂々のBEST20 !!に入っているようです(18位)!

しかも、石川祐希選手の場合、レセプション(サーブのレシーブ)を受けている本数もかなり多い中で、多くの得点をしています。

世界のバレーボール強者が集まるイタリアのスーペルリーガで、このランクインはすごいですね。

個人パフォーマンスやランキングを見る方法

選手の個人パフォーマンスをランキング形式で見ることができます。

セリエAトップページのバナーの「Stats」から「チーム」または「選手」を選びます。

石川選手のスタッツを見る
セリエAの公式サイト・トップページ

Stats>Classifiche de rendimento>Team またはBy Players
(成績統計>パフォーマンス・ランキング>チームまたは選手)

※言語表示はイタリア語から英語表記(一部はイタリア語のまま)に切り替えられます。

下がその画面のスクショです(PC画面)。

石川祐希選手のイタリアの契約チーム、個人パフォーマンス まとめ

石川祐希選手がこれまでに所属してきたイタリアのチーム、スタッツと呼ばれる活躍の統計、パフォーマンスを調べる方法などを紹介しました。

当サイトはひきつづき石川祐希選手を応援します!!

よろしければ、以下の記事もどうぞ!

キオエネパドヴァ,パッラヴォーロ,イタリア,スーペルリーガ

石川祐希(バレー)イタリアのパドヴァはどんなチーム?順位や強さは?

バレーボール 石川祐希選手情報 まとめ

スポンサーリンク








よかったらシェアしてね